月別アーカイブ: 2015年6月

有明ガーデンシティ開発の概要

DSC02529
こんにちはズル大佐です。

久々の更新ですが、臨海副都心にとって大きなニュースがありました。

まったく音沙汰なかった「有明ガーデンシティ」について、住友不動産から発表がありました。
住友不動産は、2010年年末に東京都から369億円、都市再生機構から47億円、あわせて416億円という今となっては破格の値段で臨海副都心「有明北3-1地区(11街区)」110,188㎡を手に入れました。リーマンショックの影響もあり、何度も入札をやり直した末でした。
「有明北地区(1街区)」に現在建設中の大和ハウスの物流施設は、面積約36,309㎡の土地を421億円、坪単価約384万円の高額で取得しており、立地や交通の便を考えると住友不動産は実にお徳な買い物をしたのではないでしょうか。
2015-06-23_1949
この土地に、総事業費約1028億円(用地代含む)を投じ、住宅や大型商業施設、ホール、オフィスビルなど総延床面積約28万㎡超の大規模開発を行い、2015年1月に「有明ガーデンシティ」として一部開業を目指す予定でしたが、今までまったく動きがありませんでした。
ようやく「有明ガーデンシティ」の開発についてスケジュールが発表があったのですが、その規模はさらに巨大な計画に変更されており、総延床面積は1.6倍以上となる46万㎡になっていました。
街区を「A街区、B街区、C街区」の3街区に分けて開発され、来年2016年10月に「A街区」から順次着工し、「B街区」「C街区」と進み、「C街区」に至ってはオリンピック後の2022年10月の着工し、2026年3月の竣工を見込みます。
2015-06-23_2015
A街区〜共同住宅(約1,550戸)、保育施設、商業、駐車場(約940台)
◎ 階  数:地上33階、地下1階×3棟
◎ 高  さ:約120m
◎ 敷地面積:約32,600㎡
◎ 延床面積:約161,000㎡
◎ 着  工:2016年10月予定
◎ 竣  工:2019年10月予定

B街区〜商業、ホテル、サービスアパートメント、ホール、駐車場(約1,500台)
◎ 階  数:地上15階、地下2階
◎ 高  さ:58m
◎ 敷地面積:約42,900㎡
◎ 延床面積:約171,700㎡
◎ 着  工:2017年04月予定
◎ 竣  工:2020年03月予定

C街区〜オフィス、商業、駐車場(約1,500台)
◎ 階  数:地上7階、地下1階
◎ 高  さ:50m
◎ 敷地面積:約31,700㎡
◎ 延床面積:約126,800㎡
◎ 着  工:2022年10月予定
◎ 竣  工:2026年03月予定

ここで注目したいのが、B・C街区に建設される商業、ホテル、ホール、オフィスビルの合計規模が約30万㎡と、当初計画の商業、業務、ホールの合計8,9万㎡から3倍以上になっている事でしょう。
外国人向けと思われるサービスアパートメントやホールを含んでいるとはいえかなりの規模です。

敷地の規模で比べると有明ガーデンシティは11haあります。東京ミッドタウン(6.9ha)の1.6倍、六本木ヒルズ(8.9ha)の1.2倍と23区内屈指の規模です。また、A・B・C街区の総延床面積は46万㎡となりましたが、これは東京ミッドタウンが約56万㎡、六本木ヒルズが約76万㎡であることを考えると、両施設より広い敷地に余裕をもって各施設を配置している証でしょう。ゴミゴミした六本木の街よりお台場・臨海副都心らしい街になる事が伺えます。

何はともあれ有明ガーデンシティ建設が、有明北の開発に火をつける事になるでしょう。BRTや地下鉄が開通する計画もあるようですし、現在工事中のメインロードやにぎわいロードは来年には完成しそうです。周辺の倉庫群はもしかしたらマンションになり、オリンピック施設と合わせて賑やかな街になるかもしれませんね?

関連記事
有明ガーデンシティの現在
有明ガーデンシティの現状2

豆知識
実は「ガーデンシティ」という名前の施設は他にも在ります。しかも同じお台場・臨海副都心内にです!
ゆりかもめ・お台場海浜公園駅至近のオフィスビル「ダイバ ガーデンシティ ビルディング」(東京都港区台場2丁目3‐5)です。
将来、ガーデンシティで待ち合わせする際に間違える人がいるかも?いないか(笑)

お台場トゥクトゥク

2015-06-01_1054
こんにちは、ズル大佐です。

東南アジアや南アジアの諸国で、庶民の足として広く普及している乗り物に「トゥクトゥク」というものがあります。
これらの国を旅行された方は乗った事があるのではないでしょうか?エアコンの効いたタクシーよりも低料金で、アジア情緒を味わうのにもってこいの乗り物です。

三輪タクシーの代名詞のような「トゥクトゥク」ですが、「トゥクトゥク」と呼ばれているのは主にタイであり、国によって呼び方が違います。例えばインド地方では「オート・リクシャー」、フィリピンでは「トライシクル」などと呼ばれています。
アジアの諸国で活躍している三輪タクシーは、開発途上国の大都市にしかなく、先進国の街並では見かける事はありません。
しかし、実はお台場にはあるのです!しかも白煙をモクモク吐きながら走る東南アジアのそれではなく、近未来都市・お台場にふさわしいクリーンな電動の三輪カーが!
2015-05-30_1115 
観光客の多い週末、臨海副都心の台場・青海を中心に電動三輪車が運行されており、車内に設置されたタブレット端末で、臨海副都心の施設情報の紹介や多言語同時通訳アプリによる観光案内を行っています。(日・英・中・韓対応)
なんと料金が無料だし、予約もできるとのことですので、電動三輪車に乗って、臨海副都心を観光してみてはいかがでしょうか?
2015-06-01_1042

乗車料金  無料
運行予定  各月の土曜日、日曜日、祝日
乗車方法  スマートフォンに専用アプリを取り込み予約。(予約なしでも停車中の三輪車に乗車できるかも)
問合せ先  株式会社ノヴィータ 電話 03-5369-0958

関連記事