月別アーカイブ: 2016年3月

祝 有明北にぎわいロード3/28開通!

2014-08-07_1618
こんにちはズル大佐です。

3月28日、有明北地区にお住まいの方々が待ちに待った「にぎわいロード」が開通します!
この「にぎわいロード」が開通すると、有明北地区のタワーマンションの住民の利便性が向上することでしょう。
有明北地区にお住まいの方が「ゆりかもめ有明テニスの森駅」を利用する際、現状メインロードである台場有明北連絡道路(有明湾岸道路だっけ?)を歩きます。電柱が地中化されたり一部歩道の幅が広げられたりしましたが、昔からある倉庫の脇などはまだまだ歩道が狭いです。さらに交通量が多く、中でも大型車の占める割合がかなりあります。
メインロードと平行している「にぎわいロード」が通れるようになれば、静かな道を安心して駅まで歩けるようになるのではないでしょうか?
特にブリリア有明シティタワーにお住まいになっている方は、「有明テニスの森」まで大きく迂回してますが開通後は駅まで真っ直ぐ向かうことが出来ますね?

みんなが便利になる「にぎわいロード」ですが、もっと早く整備することは出来なかったのでしょうか?
噂では10年以上前、「ガレリアグランデ」の販売に際には「にぎわいロードの整備にはそんなに時間はかかりませんよ。」との説明があったとか?
それにしても、オリンピック予定地の区画道路が何年も前に整備されており、街路樹まで植えられているのに「にぎわいロード」が後回しになったのは納得いかないですよねぇ!まだ誰も使わない道路を先に作り、住民に便利になる道路はやっとですか…?

あと、少し心配なことがあります。メインロード(台場有明北連絡道路)の裏道(ショートカット)として使われやしないか?ということと、大型車(観光バス・ダンプカー・トラック・トレーラー等)の待機場所として使われるのではないかということです。ショートカットするような車は狭い道でも凄いスピードを出しそうだし、待機中の大型車はたいていアイドリング状態で臭い排気ガスと騒音をまき散らします。
住民の方は警察と協議して大型車進入禁止、駐車禁止などの措置を講じることが必要かもしれませんね?

有明北にとっては待望の「にぎわいロード」です。おめでとうございます。
IMG_0860いずれは「にぎわい」のある道になります!よね?
IMG_0867歩道のレンガ敷きを残すのみです。街灯や街路樹も整備されています。
IMG_0864有明テニスの森側には交差点と信号機

関連記事
にぎわいロードの工事が開始される
にぎわいロードはいつ開通するのか?
にぎわいロード、有明北地区の道路工事の進捗状況
にぎわいロード 台場有明北連絡道路の現状


豊洲市場千客万来施設の事業者が決定!

2016-03-06_2016-2
こんにちは、ズル大佐です。

決定していた運営予定業者が相次いで撤退してしまい、宙ぶらりんになっていた豊洲市場の千客万来施設ですが、事業者が決定したようです。

グループ名 チーム豊洲江戸前市場 代表企業 万葉倶楽部株式会社

東京都は、現在の築地市場が場外市場と一体となって活気やにぎわいで溢れており、国内外を問わず、そこに魅了された多くの観光客が築地に足を運んでいることを重視しており、これを豊洲市場にも継承・発展させたいと考えています。

築地の場外市場に相当する豊洲市場千客万来施設は「商業ゾーン」と「温泉・ホテルゾーン」に分かれており、「商業ゾーン」は平成30年8月、「温泉・ホテルゾーン」は平成31年8月にオープンする予定です。

「温泉・ホテルゾーン」は、地上10階/地下2階の建物で24時間営業の温泉、屋上展望デッキでは足湯も楽しめるようです。ここで注目したいのは、「温泉」であるということです。前事業予定者の計画では温浴施設であり、沸かし湯ではお台場の「大江戸温泉物語」に対抗できない、ということも撤退する理由になっていました。おそらく千客万来施設では温泉を掘るんでしょうね!

お台場民が期待したいのは「商業ゾーン」です。
江戸の街並みを再現したオープンモールで、市場の新鮮食材を使った飲食店や物販店を展開します。
こちらで注目したいのは、約4,900㎡の床面積に170〜280もの店舗が出店することです。仮に280店だとしたら1店あたり17.5㎡です。かなりの狭小店舗ですが、これは現在の築地場外市場の飲食店や店舗を意識したものだと思います。狭い路地を挟んで小さなお店が雑多に並んでいるのも築地場外市場の魅力と考え、これを伝承する考えなのでしょう。
カウンターだけの定食屋や居酒屋、小料理屋なんかあったら是非入ってみたいと思うのはズル大佐だけではないと思います。
本家築地場外市場の客を奪えるか見物ですね?というかこの商業ゾーンに出店する飲食店舗・物販店舗への当初の入居者は、築地場外市場業者等を含め、広く周知した上で選定することとなっています。場合によっては築地場外市場の有名店はこぞって豊洲に移転するなんてことになるかもしれませんよ!
2016-03-06_2016
あとズル大佐が気付いたのは、今回の事業の発表は「6街区」についてのみであることです。千客万来施設は「5街区」にも予定されているのです。
もしかしたら「5街区」についてまた別の事業主が募集されるのかもしれません。
ともかく、豊洲市場が開場する平成28年11月から2年も遅れてしまうのは残念ですが、予定事業者が逃げ出してしまうドタバタ劇があったので仕方ないでしょう。ならばより良いものを新しい事業予定者には作ってもらいたいものです。期待してます!
2016-03-06_2017江戸の街並は新市場駅からペデストリアンデッキで段差無く繋がります。

2016-03-06_2018築地場外市場を意識したオープンモール

2016-03-06_201910階建てのビルの屋上には足湯の展望デッキ

<商業ゾーン>
開業予定    平成30年8月
年間来場者数約 138万人(想定)
延床面積    約19,200㎡
商業床面積   約 4,900㎡
駐車場     323 台
階数      地上3階/地下2階
店舗数 170~280 店舗(テナントの利用状況により増減)

<温泉・ホテルゾーン>
開業予定    平成31年8月
年間来場者数約 55万人(想定)
延床面積    約22,700㎡
商業床面積   約18,100㎡
駐車場     82 台
階数      地上10階/地下2階

関連記事

オリゾンマーレ隣に高層マンションか?消防署でした。

2016-03-02_15212016-03-02_1608
こんにちは、ズル大佐です。

オリゾンマーレの北西側に「カンダコーポレーション」という会社の営業所と物流センターがあります。
この「カンダコーポレーション」の持ち株会社であるカンダホールディングが有明の営業所の土地を一部売却すると公表しました。
一部とは、有明営業所の土地9,702m²のうち、6,213m²ということです。6,213m²といえばオリゾンマーレの敷地6,612㎡とほぼ同じなのでオリゾンマーレのお隣の物流センター部分を売却するのではないかと思われます。

売却価格は約56億4000万円ということなので、1㎡あたり90万円位になります。
2010年末、有明ガーデンシティの予定地110,188㎡を住友不動産が東京都や都市再生機構から416億円で購入した時の1㎡あたりの価格が37万ほどだったことを考えると相当高値で取引されたことになりますね?

カンダコーポレーションの土地はどこに売却されたのかは分かりませんが、開通間近のにぎわいロードが完成すると最寄りのゆりかもめ「有明テニスの森駅」に徒歩1分であり、マンションの立地としては最高なのではないでしょうか?
もちろん商業施設やホテルの可能性もありますが、大規模な商業施設やホテルを含む有明ガーデンシティの開業が控えているので考えにくいでしょう。(カンダホールディングの文章には「譲渡先は国内の一般法人ですが、譲渡先との取り決めにより名称の公表は差し控えさせていただきます。」とあります。)

マンションだとしたら土地の広さや購入価格から、高層マンションと思われるので、オリゾンマーレと同規模になるのでしょう。オリゾンマーレの住民としては眺望がどうなるかが気になるところでしょうが、ズル大佐としてはそれよりも有明のスタンダードである33階建になるのかなぁ?やはり豪華な共用施設を備えるのかなぁ?坪単価はいくらぐらいだろう?などと考えながら開発する会社からの発表を待ちたいと思います。

臨海副都心の中でも、豊洲や東雲に比べ開発が遅れていた有明北地区ですが、2020年東京オリンピック、2019年の有明ガーデンシティ開業を控え、いよいよ動き出しますかね?
まさかまた倉庫を建てたりすることは…。無いですよね?

3/13追記
アイアンさんから情報を頂きました。この場所には東京消防庁深川消防署有明分署が11階建庁舎になって移転するそうです。ズル大佐の予想では、おそらく分署ではなく有明消防署格上げになるのではないかと思います。

関連記事
オリゾン・マーレ 有明最初のタワーマンション