実写版ルパン三世、意外にヒット!

2014-09-21_1149
こんにちはズル大佐です。

以前、実写版ルパン三世が制作されますよ!って投稿をしました。公開されたのでズル大佐も観に行きました。
感想としては、「おっ!意外にルパンになっているな。」って思いました。
日テレが権利を持っているルパン三世のテーマ曲を使わせてもらえないというハンディはありましたが、ストーリーや世界観は頑張って再現していると思います。
この映画に対しては批判も殺到していますが、そもそもそれらの方々はどんな実写版ルパン三世は認めないんでしょうね?
思い入れの強い作品だけに完璧を求めるのは仕方ないと思いますが、作品の価値を公平に評価したら結構良い線行っていると思いますよ?
ルパン三世の世界観や作風は、モンキーパンチの原作やアニメのシーズン毎、テレビ特番毎に全然違います。一番人気がありズル大佐も好きな「ルパン三世カリオストロの城」なんてルパン三世作品としてはかなりかけ離れていると思います。
この実写版ルパン三世も多様性の一つとして認めていいのではないでしょうか?
(目黒祐樹主演の「ルパン三世 念力珍作戦」は認められませんが!)(笑)

そんな中でズル大佐が感じたのは、峰不二子役の黒木メイサは、この娘こんなに愛らしい顔だったの?メイクでずいぶん変わったなぁ!って思いましたし、小悪魔度はバッチリでした。次元大介役の玉山鉄二は声が若く、もっと渋みを出してハードボイルド感がほしかった。ズル大佐の好きな石川五右衛門はカツラに違和感あり(笑)、クルマをまっ二つに切るくらいの斬鉄剣の威力があっても良かったかな?「また、つまらぬものを斬ってしまった…。」の台詞は期待してましたよ!銭形警部の浅野忠信とルパン役の小栗旬はそれぞれのキャラクターを次回作で確立して欲しいです。

実際この映画の興行成績はなかなか良いようで30億円に迫る勢いだそうです。おそらく制作される次回作にも期待したいですね!
(日テレさん、ルパンの音楽使わせてやってよ!)

関連記事
ルパン三世実写版 キャスティングと音楽につい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください