響をペリエで割るとシャンパンの味?

DSC02730
こんにちはズル大佐です。

ズル大佐はウイスキーが大好きで、ほぼ毎日晩酌でウイスキーのロックやストレートを楽しんでいます。
世界各国の様々なウイスキーをストックしていますが、日本人のズル大佐はやはりジャパニーズウイスキーを飲む事が多いです。
ジャパニーズウイスキーといえば、NHKの連続テレビ小説の「マッサン」でニッカウヰスキーの創立者竹鶴さんをモデルにしたドラマが人気になっているようです。ズル大佐も竹鶴21年、17年をストックしています。しかし、毎日飲むのは国産ウイスキー最大手サントリーがメインになってしまいます。

そのサントリーのブレンデッドウイスキーの頂点が「響」です。
響は30年、21年、17年がラインナップされていますが、2009年に響12年がラインナップに加わりました。
そのころ、発売された響12年の販売促進のためか、サントリーのHPで「響12年をペリエで割るとシャンパンの味」というキャンペーンを実施していました。
響は10万円、2万円、1万円となかなかの高級ウイスキーですが、発売されたばかりの響12年は5千円で購入できるとあって、響をもっと手軽に楽しんで欲しかったのでしょうね?
ズル大佐もやってみましたが当然シャンパンの味はしませんでした…。

先日、サントリーのHPを検索していたらまだこの飲み方を薦めるページがあったので、ズル大佐も久々にやってみました。
さすがにシャンパンの味がするってフレーズは無くなってると思いきや、まだシャンパンを想わせると?さすがにそれはありませんよ!サントリーさん。でも何年にも渡ってサントリーが勧めているってことは、よっぽど自信があるんでしょうね?
2014-11-04_2211
2014-11-04_2212
2014-11-04_2213
作って飲んだ結果、フルーティーな風味が持ち味の響12年をペリエで割るとなかなか美味しい!
近年、角を炭酸水で割るハイボールが大流行して、ウイスキーの売り上げがうなぎ上りのサントリーですが、高級ウイスキーである響もハイボールで売り出したいのでしょうか?
ズル大佐は、いつものようにロックやストレートで楽しみたいのですが、たまには響12年をペリエで割った高級ハイボールも良いかもしれませんね?
DSC02733
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください