にぎわいロード、有明北地区の道路工事の進捗状況

2015-02-12_0923-4
こんにちはズル大佐です。

仕事復帰して忙しい毎日を送っているのは良いのですが、入院時の暇な日々も懐かしく思ってしまっているズル大佐です。
ブログもぼちぼち書いて行きますのでよろしくお願いします。

臨海副都心の有明北地区では地区を通る道路の工事が大詰めを迎えています。
夏から工事が始まった「にぎわいロード」ですが、オリゾンマーレ裏を通る「北側にぎわいロード」は車道の舗装工事が完了し、完成まであと少しのようです。
IMG_0007IMG_0009
一方ブリリアマーレ始めブリリア3兄弟側の「南側にぎわいロード」はまだまだのようです。
建設中のブリリア有明シティタワーにとっては、ゆりかもめ有明テニスの森駅までのアクセスに大きく影響する道路だけに、入居予定の方にとっては気になっているのではないでしょうか?残念ながら3月末までの完成は難しいと思われます。
また、完成したとしてもすぐに通れるとは限らず、供用されるのに暫く時間がかかる事もあるようです。
IMG_0014IMG_0017
もう一カ所、台場と東雲をつなぐメインロードの工事も行われています。台場・有明間に架かる「のぞみ橋」北側、有明スポーツセンター脇から有明テニスの森東交差点までです。メインロードは地区の顔となる風格ある街路空間を形成するために、ゆとりある歩道や二重の街路樹が整備される予定になっています。こちらの工事もかなり長い期間工事をしていますが、春には完了しそうな感じです。

ディファ有明やブリリアマーレのにぎわいロードを挟んだ北西側に、2020年東京オリンピック体操競技場が建設される予定です。当初この競技場は仮設で、オリンピックが終わった後は更地に戻され、土地は民間に売却される予定でした。
しかし先日、この競技場を残し東京ビッグサイトの別館として活用しようかという報道がありました。
もしこの報道が現実になったとしたら、上の地図で緑色で示したシンボルロードはビッグサイト本館と別館をつなぐ重要な道路となります。もしかしたら現在、首都高湾岸線と国道357(湾岸道路)を跨いでいる「コロシアムブリッジ」を伸ばし、メインロードを跨いで体操競技場までつなぐ大きな橋になるかも?なんて期待してしまいます。

今は至る所で工事をしている有明北地区ですが、メインロード、にぎわいロードが完成し、さらに将来整備されるであろうシンボルロードが完成すろころは大きな変貌を遂げた奇麗な街並になっているのではないでしょうか?でもそんな遠い話ではありません、5年後の2020年東京オリンピックを目途に整備計画は練られていると思います。今暫くの辛抱ですね。

関連記事
にぎわいロードの工事が開始される!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です