東京湾大華火祭 夜空に1万2,000発 今年で見納め?

DSC02804
こんにちは、ズル大佐です。

先日8月8日、「東京湾大華火祭」が開催されました。
ズル大佐も有明のブリリアにお邪魔して花火酒を楽しんできたので、写真を投稿しますね!

「東京湾大華火祭」は、今年で27回目を迎える東京では恒例の花火大会です。およそ1万2000発の花火が打ち上げられ、晴海のメーン会場だけで4万2000人が来場したそうです。
主催は中央区ですが、港区の港南や台場や江東区の有明や豊洲からもよく見えるため湾岸地区には何十万人もの見物客が集まったと思われます。

しかし、みんなが楽しみにしているこの花火大会が今年で見納めになってしまうかもしれません。と言うのも、メーン会場となる晴海埠頭が2020年東京オリンピック・パラリンピックの選手村の整備のため使えなくなってしまうのです。
中央区は、観覧場所を新たに確保するのが難しいことから、「来年は東京湾を舞台にした花火大会はできないだろう」との見通しを示しています。事実上来年以降の開催は無いという事です。
ですが、何十万人もの見物客が湾岸地区に集める巨大イベントを無くしてしまうのは惜しいと思います。周辺への経済効果もかなりのものではないでしょうか?何より2020年東京オリンピック・パラリンピック開催の機運を盛り上げるのにもってこいだと思うのですが…。
会場を使えなくなった中央区だけでの開催が難しいのなら、東京都として開催するとか、中央区・港区・江東区の共催で実施するとか?とにかく中止するなんてもったいないと思います。

DSC02869DSC02948

DSC03006DSC03052DSC03056

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です