有明ガーデンシティの計画概要2

2015-09-03_1219
こんにちはズル大佐です。

臨海副都心・お台場に、2020年東京オリンピック前の開業を目指して大規模な開発が予定されている「有明ガーデンシティ」について、より具体的な計画概要が示されたので投稿します。
「有明ガーデンシティ」は、臨海副都心有明北地区の空地11万㎡という広大な土地に、マンション・商業施設・ホテルなどで構成される都内屈指の規模の複合施設です。

前回に発表された内容から大きく変わったところはありませんが、B・C街区に予定されていた「業務」機能が無くなっています。
という事は、ショッピングモールやホテルに特化した仕様でオフィスは無いという事ですか。有明に限らず臨海副都心って観光やショッピングに行く所であまり仕事に行く場所というイメージがありませんよね?
仕事帰りに一杯飲んで帰ろうか!なんて新橋みたいな街並を期待しているズル大佐には寂しい限りです…。

2015-09-03_1216
2015-09-03_1223
今回発表された街並のイメージ図を見た感想は、建物は効率優先の四角形の単調な形のものばかりで特徴がありませんし、ガーデンを名乗っている割には緑が少ないように見えます。これから大きく計画を変更する事は無いでしょうから、テナント誘致を頑張って中身で勝負してもらいたいですね。
住民ばかりで就業人口の少ない有明北地区で成功させるのは難しいかと思いますが、ららぽーと豊洲の「キッザニア」みたいな目玉施設を誘致するとともに、東京ビッグサイトを訪れる人々を如何に誘導するのかが勝敗を分けそうな気がします。
ズル大佐としては、どこにでもあるチェーン店ばかりでなく、個人経営のレストラン、食堂、居酒屋、BARなどがあったら嬉しく思います。

関連記事
有明ガーデンシティの計画概要
有明ガーデンシティ開発の概要
有明ガーデンシティの現状2
有明ガーデンシティの現在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です