ズル大佐 ライダーになる!

2015-10-22_1104
こんにちは、ズル大佐です。

最近、ある事についてネットで調べまくって、熱中するあまりブログの更新もおろそかになってしまいました。
そのズル大佐の最大関心事は「オートバイ」です!

実はズル大佐は20代・30代、オートバイが好きでいろんなオートバイを乗ってきました。
就職して初めて買った「ホンダCBR400Rエアロ」を皮切りに、自動二輪免許の限定解除をして買った「ホンダCB750F」、
さらに「ホンダ モンキーZ50」「カワサキ エリミネーター900」「スズキGSX-R1100」「カワサキZZ-R1100」「スズキGSF1200」と乗り継いできました。一時は3台のバイクを同時に所有するほどでした。
スキャン 3-2顔出し?

40歳のころ最後のオートバイを手放して、しばらく乗らなかったのですが、チョットしたきっかけがありまして再び乗ってみようと思いました。それに今乗らなかったらこのままずっと乗る事はないだろうということ、60歳から乗り始めるのは無理と思ったので勇気を出して購入するに至りました。

しかし、ズル大佐は10年ほどバイクから遠ざかっており、最近のバイク事情には疎くなっていまして、いろいろなバイクを調べてみることからはじめました。
バイクにはいろんなジャンルのバイクがありますが、ズル大佐が好きなのはスポーツバイク、中でもスズキの隼やカワサキのZZ-Rのような300km/hオーバーの最高速を誇るスーパースポーツバイク。それから、オーソドックスなルックスで町中や山道でマルチに使えるネイキッドバイク。そして、ハーレーに代表されるようにゆったりとした乗りごこちのクルーザーバイク(アメリカンとも言います)。

スポーツ、ネイキッド、クルーザーどれも魅力的で乗ってみたいのですが、いろいろ考慮した結果クルーザーバイクを購入する事にしました。脳梗塞の治療中という事もあるし、ズル大佐のこれまでの乗り方を考えると、スポーツやネイキッドを買ってしまうと峠を走りたくなったり、高速でウン百km/h出したりして、事故や交通違反の可能性が高そうです。
クルーザーバイクなら100km/h以上出すと風が強くて乗ってて辛く、峠に行っても速く走れません。クルーザーバイクは陸の王者のごとく直線をドコドコとゆっくり走るのが醍醐味なんですよね。高校生のころ当時のアメリカンバイク「スズキ イントルーダー750」がとってもクールで、こんなバイクで日本中を旅してみたいと思ったものです。

クルーザーバイクはハーレーを始め、国産メーカーも各排気量でラインナップしています。
ハーレーはコストパフォーマンスが悪いうえに高額のパーツでカスタムしないと様にならないし、空冷のVツインエンジンは遠慮したいので却下。唯一GX750という新型水冷エンジンの車種がかっこ良かったのですが、排気量が小さく選考から外しました。
国産のホンダはVT1300、シャドウ750・400、 ヤマハはV-MAX、XV1900、XVS1300、ドラッグスター1100・400、 スズキはイントルーダー400、ブルーバード1800、 カワサキはバルカン1700・900・650です。
ズル大佐は大型自動二輪免許を持っているので選択車種に制限はありませんが、クルーザーバイクは大排気量のエンジンを低回転でドコドコと鼓動を感じながら流すのが醍醐味ですので1000cc以下のバイクは選考外。
ハーレー乗りの一部には、国産のVツインエンジンクルーザーは所詮ハーレーのパクリだろとバカにする人がいるので、あまり積極的に選びたくないし…。ということで、新車に限らず過去の絶版モデルや外車も選択肢に入れて選びました。
今は選んだ車種を明かしませんが、いずれ公開する事があるかもしれません。これから、第二のバイクライフを楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です