バイクはカッコから

こんにちは、ズル大佐です。

いろんなバイクの中から「ヤマハ ロイヤルスター」を選んだズル大佐ですが、バイクを買っただけでは乗る事は出来ません。
免許証はもちろん、ヘルメットは絶対に必要ですし、グローブやブーツもあった方が良いでしょう。
バイクに乗るのに必ずしなければならない格好はありませんが、安全のため好ましい格好というのはありますし、さらにお洒落にも多少はこだわりたいものです。

そこで、ズル大佐が購入したアイテムを紹介します。
2015-11-20_2225
まずヘルメット。バイクに乗るときは必ず被らなくてはならないものです。口元まで覆われたフルフェイスタイプとオープンフェイスタイプがあります。ズル大佐はフルフェイスはなんか息苦しく感じるので昔からオープンフェイスヘルを愛用しています。
今回購入したのは、アライヘルメットの「MZ」。
オープンフェイスの開放感と、フルフェイスの安心感を融合させたヘルメットで、チークガード部を左右30ミリずつ延長されています。フルフェイス並みの頬部保護性能がありますが、ほっぺたを圧迫するため「アッチョンプリケ!」(手塚治虫)な顔になってしまいます。ダイエットしないといけませんね?
IMG_0531
次に革ジャン。バイクと革ジャンは切っても切れないものです。やはりここはこだわりたかったので、いろんなブランドを検討しました。バイクも国産にこだわったので革ジャンも国産の老舗「カドヤ」から購入する事にしましたが、ライダースの代表格ダブルにするか、バイクから降りて街を歩いても違和感があまりないシングルにするか、台東区入谷のカドヤ本店で30分以上悩んだ結果シングルの「AS-P VS」にしました。よりハードなダブルの革ジャンはまた来年以降に購入する事にしました。
2015-11-20_2226
ブーツは豊洲の「ららぽーと」にテナントで入っている「AVIREX」というアメリカ空軍のフライトジャッケット等を生産していたブランドから選びました。
「ヤマト」という商品がバイカーブーツとして展示されていたので、デザイン重視であまり考えずに選びました。
アウトドアブーツを思わせる六角ハトメやスタッズ、ホールド感を高めるベルトなど、こだわりのディテールと紹介されていますが、実のところ見た目だけで革が薄くて本当のバイク乗りにはイマイチな感じです。
ミドリ安全の編上靴の方が良いかも…?

今回は代表的なバイカーズアイテムだけを紹介しましたが、バイクに乗るだけなのに何かとお金がかかりますね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です