いよいよ始まる 有明ガーデンシティ建設、あれ?

2015-07-21_1508
こんにちは、ズル大佐です。

久し振りのブログ更新です。

豊洲の新市場は、なんか揉めまくっているようですね。
ズル大佐も言いたいことはありますが、新市場はお台場(臨海副都心)ではないのでここではあまり触れないようにしましょう。

かたや臨海副都心の一大プロジェクト、有明ガーデンシティ建設がいよいよ始動します!
すでに建設用地では道路や建設事務所が整備され重機が忙しそうに動いています。
また、国土交通省のHPで、平成28年9月9日付有明ガーデンシティの民間都市再生事業計画を認定との発表がありました。

http://www.mlit.go.jp/common/001145277.pdf

2016-09-14_1709

2016-09-14_1658

ここで気づいた事項があります。建築物番号1はA街区のマンションです。建築物番号2はB街区のホテル、サービスアパートメントやショッピングモール、イベントホールなどです。
A街区、B街区に大きな変更はありませんでした。イメージ通りの物ができるんでしょうね?

しかし、C街区は本来ショッピングモールができる予定でした。しかし、今回の発表では建築物番号3として記されているのは駐車場だけのようなのです。
確かにC街区は2022年10月に着工し、竣工は2026年3月予定で、東京オリンピック終了後のかなり先の話なので今回の認定には盛り込まれずに、駐車場棟だけが先行建築されるのでしょうか?
今回はとりあえず着工する分だけ認定し、将来建設されるショッピングモールはまた改めて認定発表されるんでしょうね?もし事業が縮小されたのならば残念なことです。当初の予定通りに事業が行われるのを期待したいものです。

関連記事
有明ガーデンシティの計画概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です