2020年、お台場に出来るオリンピック施設をまとめてみました

2014-03-09_0826こんにちはズル大佐です。

東京都は悲願の「2020 東京オリンピック・パラリンピック」開催地を射止めました。
お台場にも新たにオリンピック競技場・関連施設が出来たり、既存の施設を改修し使用されます。
2020年東京オリンピックでは、サッカーやゴルフなど東京の競技場だけで出来ない競技を除き、そのほとんどを選手村を中心に半径8km以内に収めています。
しかも競技場の3分の2は、お台場を含む「東京ベイゾーン」にあり、さらに江東区には、全37競技場のうち17競技場が配置されます。

2020年の東京オリンピック開催に向けて、これからますます盛り上がるお台場(臨海副都心)ですね!

map_venue13 お台場海浜公園
トライアスロン  水泳(マラソン 10km)

map_venue14 潮風公園
ビーチバレーボール

map_venue11 有明体操競技場(仮設・12000人収容)
体操・新体操・トランポリン

map_venue09 (右) 有明ベロドローム(仮設・5000人収容)自転車競技(トラック・レース)
(左) 有明BMXコース BMX

map_venue08 有明アリーナ
バレーボール
大会後は、様々な室内競技大会やイベントを行うことができる大規模体育館となる。大会後は、バレーボールの国内リーグの会場となるほか、東京が、これまで多数開催してきたような、国際大会の際も使用される。

map_venue12 有明テニスの森
テニス
既存の有明コロシアムやテニスコートを一部改修整備して使用される。

map_venue39
東京ビッグサイト
ホールA  レスリング
ホールB  フェンシング  テコンドー
IBC/MPC
2020年大会のために、既設の西展示棟南側に延床面積約44,000㎡を増築する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です