ブリリア有明シティタワー周辺の現状2

2014-03-24_14111クリックで拡大

こんにちはズル大佐です。

前回の続きです。今朝有明テニスの森駅で下車して撮ってみました。

にぎわいロード(青のライン)は、現在は地震対策の水道管に交換する作業をしているそうです。
ということは、一回も使われていない水道管を耐震水道管に交換するのでしょうか?
相当前から掘ったり埋めたりを繰り返しており、なぜ最初から地震対策の水道管を埋設しなかったのでしょうか?
P1000435

写真では分かり辛いですが、ブリリア有明シティタワーから有明テニスの森まで伸びるS字の区画道路(黄色のライン)に街路樹や歩道の工事が始まっています。
何年も前に作っておきながら使われること無く放置されている道路の工事をするより、有明の住民が待ち望んでいるにぎわいロードを作るのが先だと思うのですが…?
P1000433
この場所には2020年東京オリンピックで、仮設の体操競技場が建設されるので誰も使わずに廃道になってしまうのではないかと思っていました。
今日工事の様子を見て、道はそのまま整備され、道をまたぐように競技場を建設するのだなぁと思いました。

都の開発計画は、あまり既存の住民のことは考えていないようです…。というのも、この有明北の空地は都の所有で地権者なんです。
オリンピック開催を成功させた後民間に売却する予定ですが、その際に高く売りたいのが本音だと思います。空地の部分には先行して予算執行し、すでに民間に売却した土地に建つマンション住民のためには余計な予算は使いたくないのが本音でしょうか?
そんなとこが既存の住民の利益と都の工事順位が一致しない理由ではないでしょうか?

P1000391

関連記事
ブリリア有明シティタワー周辺の現状
2020年、お台場に出来るオリンピック施設をまとめてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です