デックス東京ビーチ

DSC01926
こんにちはズル大佐です。

お台場ショッピングモール第2弾は「デックス東京ビーチ」です。

「デックス東京ビーチ」は、世界都市博が開催される予定だった1996年にお台場で最初に開業した大型商業施設です。
1996年当時のお台場と言えば、フジテレビジョンはまだ移転してませんでしたが建物は竣工し、開催される予定だった世界都市博に合わせて、ゆりかもめ・りんかい線や道路網、フロンティアビルやTFTビル等のオフィスビル、都民台場アパートと小中学校などが整備され、台場地区がほぼ現在の姿になった年でした。

同じく1996年に開園した、白い砂浜が美しい「お台場海浜公園」に沿うように「デックス東京ビーチ」は建てられ、海側はログテラス風のオープンデッキとなっており、潮風を感じ、レインボーブリッジなどの絶景を望む事が出来るようになっています。
「デックス」の名称はこのデッキボード張りのオープンテラスに由来しています。

1999年に隣に竣工した「アクアシティお台場」とはこのデッキテラスが連接しており、台場エリアの一大ショッピングスポットを形成しています。

最初「シーサイドモール」だけでの営業でしたが、2000年12月2日アイランドモールを増設、営業を開始しました。

核となるテナントは、セガによる屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」が開業当初から現在まで営業していますが、その他は逐次テナントを入れ替えており、客を飽きさせない努力を続けています。
現在は、飲食・物販のテナントの他、「台場一丁目商店街」「お台場たこ焼きミュージアム」「東京トリックアート迷宮館」レゴブロックをテーマにした屋内型パーク「レゴランド・ディスカバリーセンター東京」、本物と見まがわんばかりの蝋人形館「マダム・タッソー東京」が営業しています。
また、「デックス東京ベイスタジオ」が併設されており、「サテライトボイス in お台場 ODAIBA RAINBOW STATION」が、FMや動画サイトなどで放送されています。

ズル大佐は赤坂に住んでいた頃からこの「デックス東京ビーチ」によく行ってました。最近はハリウッドセレブにも愛されるレストラン「bills」や都内最大級の売り場面積を誇るアウトドアショップ「WILD-1」等をよく利用しています。
ダイバーシティ東京プラザを始めとするライバル店が現れましたが、お台場海浜公園側のオープンデッキから眺めるレインボーブリッジと魅力的な店舗で、まだまだ人気のショッピングモールです。
2014-05-28_1926

名 称 : デックス東京ビーチ(DECKS Tokyo Beach)
所在地 : 東京都港区台場1丁目6番1号
交 通 : ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」徒歩2分 りんかい線「東京テレポート駅」徒歩5分
階 数 : 地上7階(シーサイドモール)地上6階(アイランドモール)
建物高さ: m
敷地面積: 18,703㎡
建築面積: ㎡
延床面積: 42,500㎡(シーサイドモール) 26,500㎡(アイランドモール)
店舗数 : 約100
駐車台数: 550台
着 工 : 年月日
竣 工 : 年月日
オープン: 1996年7月12日

関連記事
ダイバーシティ東京プラザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください