にぎわいロード 台場・有明北連絡道路の現状

2014-05-11_1209
こんにちはズル大佐です。

みなさん大型連休はいかがお過ごしになりましたか?
なかには、お台場に遊びに来られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
臨海副都心の中でも台場地区はほぼ都市計画が完成されていますが、有明北地区などははまだ道路などの公共インフラが完成している訳ではありません。
ちなみに有明北地区は臨海副都心の主に住機能を担う地区で、将来28000人が暮らす計画になっています。

公共施設の整備が進む有明北地区で現在進行している目玉工事は、「にぎわいロード」と「台場・有明北連絡道路」です。
二つの道路とも有明北地区住民にとっては待ちに待った整備計画ですが、いずれの道路計画とも当初の計画よりかなり遅れているようです。
遅れた明確な理由は分かりませんが、ズル大佐の推測では震災の影響で予算執行が遅れたのと、電線の地中化に資金を拠出するはずだった東京電力が、原発事故で出せなくなった為ではないかと思います。
「台場・有明北連絡道路」の遅れは2年程だと思うのですが、「にぎわいロード」にいたっては、明確な整備計画が有ったのか分かりませんが、2006年の「ガレリア・グランデ」の分譲時には、「すぐににぎわいロードが整備されますよ」なんて説明が販売会社からあったらしいと聞いたことがあります。
いずれにしても「ブリリア有明シティタワー」の入居が始まる来年の春には完成すると思いますが、現在ものらりくらりと工事が進んでいます。

一昨日、散歩の途中で写真を撮ってきたので掲載します。
歩道が広い素敵な道路になりそうですね?完成まで今暫くの我慢です…。
P1000536

P1000537

P1000540

P1000541

P1000542

P1000543

P1000544

P1000549

P1000548

関連記事
ブリリア有明シティタワー周辺の現状3
ブリリア有明シティタワー周辺の現状2
ブリリア有明シティタワー周辺の現状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください