カテゴリー別アーカイブ: 独身王子

ダンディなアイテム4 エッティンガーの長財布

P1000737
こんにちはズル大佐です。

「俺のダンディズム」の放送が終了して2ヶ月程経ちましたが、最近になってダンディな買い物に拍車がかかっているズル大佐です。
このブログで紹介した他にもスーツ等いろいろなモノを買い物しており、少し無駄遣いを控えなければと反省しているこの頃です…。

ズル大佐は、ルイ・ヴィトンの長財布を使っているのですが、かなり分厚くスーツの内ポケットに入れるとスーツのラインが崩れてしまうため、バッグの中に入れて使っています。
そこで薄い長財布が欲しいと思って「俺のダンディズム」の長財布の回を見返してみました。
マダムMの美幸さんが最後に勧めた3つの長財布は、
1 エッティンガー、ロイヤルコレクションのロングウォレット
2 メゾン・タクヤ、TT2ウォレット
3 カミーユ・フォルネ、ヴェルソ・ロングウォレット

番組の中で主人公の段田一郎さんが選んだのは、メゾン・タクヤ、TT2ウォレットでした。ズル大佐もこの3つの商品を見てみたくて有楽町の阪急メンズ東京に行ってきました。
皆魅力的な商品で目移りしましたが、ズル大佐はエッティンガー、ロイヤルコレクションのロングウォレットを選びました。

エッティンガーのロイヤルコレクションとは、2007年にチャールズ王太子60歳の誕生日を記念して生まれた限定モデルです。しかし、あまりの人気で現在はレギュラー商品になりました。英国王室のカラーであるロイヤルパープルは、王室から特別に使用を認められており、定番の商品ではブライドルレザーを使っているところ、このロイヤルコレクションでは柔らかいカーフを使っています。
極めて薄いその本体が、ズル大佐の要求を満たしたのが一番の理由ですが、品の良いロイヤルパープルとロイヤルコレクション誕生のストーリー、英国元首相トニー•ブレア氏も愛用している点も気に入りました。

俺のダンディズムの伊達部長のように、ダンディなウォレットでかっこ良く支払いを済ませたいものですね!

関連記事
ダンディなアイテム1 ペリカン スーベレーンM400
ダンディなアイテム2 ゼロハリバートンのアタッシェケース
ダンディなアイテム3 フォックスアンブレラ

ダンディなアイテム3 フォックスアンブレラ

2014-08-29_0951
こんにちはズル大佐です。

ここ数日気温は下がってきましたが、空模様はぐずついています。弱い雨が時々降ってくるので傘は手放せません。
まるでロンドンみたいですね?ロンドン行った事ないけど…(笑)

そんなお天気のせいではないけれど、昨日ズル大佐がかねてより欲しかった傘、フォックスアンブレラを購入しました。

VULCANIZE LONDON(ヴァルカナイズ ロンドン)というお店で購入したのですが、このお店はブリティッシュ・ラグジュアリーライフスタイルを提唱しており、英国流の長年使用する程に味わいが増すような良いものを厳選して身につけ、持っているだけで幸せになれる商品を販売しています。
特にグローブ・トロッター(トラベルケース)とフォックスアンブレラ(傘)に関しては日本代理店となっております。
今回とっても素敵なラッピングをして頂きました♡
P1000707
VULCANIZE LONDON HP

ズル大佐は以前からフォックスアンブレラの事は知っていたのですが、傘にしては高額だしなかなか売っている店が無いということもありなかなか購入するまでに至りませんでした。しかし、ズル大佐がハマった「俺のダンディズム」というドラマで、この傘を紹介したのをきっかけに購入を決めました。
P1000722
世界初のナイロン素材の傘を開発し、英国スタイルの細身傘の代名詞として知らるフォックスアンブレラですが、創業は1868年、英国金融街のシティにてでした。
木型による生地の裁断やミシンによる縫製、メタルフレームの組み立て、そして自然素材のハンドル加工など、傘作りの全ての工程が熟練の職人の手により行われており、この制作工程はヴィクトリア女王の時代から不変といいます。
ステッキのような細いフォルムは、傘を畳んで持ち歩く姿もお洒落です。
雨が降ってなくとも曇っていたら、英国紳士を気取ってフォックスアンブレラを持ち歩こうかと思っているズル大佐でした。

関連記事
ダンディなアイテム1 ペリカン スーベレーンM400
ダンディなアイテム2 ゼロハリバートンのアタッシェケース

ダンディなゆで卵

P1000701
こんにちはズル大佐です。

今日はチョット趣向を変えて、「俺のダンディズム」の中でやってたダンディズム講座みたいに、ダンディな卵の食べ方を紹介します(笑)
P1000689

 

 

 

 

1 まず生卵を用意します。今回は写真で分かり易くするために殻に色がついたヨード卵光を使いました。
P1000690

 

 

 

 

2 生卵のお尻に小さな穴を開けます。100円ショップで専用の穴あけ器が売っているようですよ。
P1000691

 

 

 

 

3 沸騰一歩手前の熱湯に生卵を入れます。穴が開いているので卵が割れません。

4 およそ7分位茹でて、取り出したら水で冷やします。

5 水から取り出し表面を拭いたらエッグスタンドに乗せます。
P1000693

 

 

 

 

6 エッグシェルカッターを使い卵の頭の部分だけカットします。

P1000694

 

 

 

 

7 お好みの調味料(醤油・塩etc)を加えてスプーンで召し上がれ。ちなみにズル大佐はトリュフ入りソルトで食べましたよ!

関連記事
俺のダンディズム 名品図鑑
ダンディなアイテム2 ゼロハリバートンのアタッシェケース
ダンディなアイテム1 ペリカン スーベレーンM400