カテゴリー別アーカイブ: 未分類

映画「君は僕を好きになる」ロケ地巡り

東京ラブストーリーのロケ地巡りをやり終え、次にロケ地巡りをしたのは大好きな映画「君は僕をスキになる」でした。コロナ禍の中少しずつ写真を撮り貯めていたのですが、なかなか記事にできずにいました。(アメブロでは公開)

東京ラブストーリーのロケ地巡りの時と同様に情報を追記していきますのでご了承ください。

映画「君は僕をスキになる」は、バブル経済真っ只中の1989年11月3日に公開された映画です。こんな古くて興行的にも成功したとはあまり言えない映画のロケ地巡りなんて…。と思われるでしょうが、ズル大佐の大好きな斉藤由貴が一番綺麗な時期の映画であることと、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」がエンディングに使われたこの作品のロケ地を巡った証を残したかったのでここに公開したいと思います。(お年を召された斉藤由貴さんもとても綺麗で大好きです。)

制作は東宝とプルミエ・インターナショナルで、監督は渡邊孝好であの秋元康が企画だけでなくなんと劇中にも出演してます。また、脚本は野島伸司。

クリスマスの前になると必ず男性に振られてしまうという浜田知佳(山田邦子)と、プリンを作って読書をするのが好きな神林苫子(斉藤由貴)。 性格が全く違う二人が、ひょんなことから知り合い親友になります。しかし、二人が「今年のクリスマスイブを共に過ごしたい」と願う相手は同じ男性だった。二人は友情をとるか、恋愛をとるかという選択肢に迫られます。

男性陣は、イケメンでモテモテ会社員の太宰亨輔(加藤昌也)と太宰の同僚で堅実真面目な芥川純平(大江千里)です。二人はそれぞれ神林苫子と偶然の出会いをし彼女に惹かれるのですが…。

エンディングで山下達郎の「クリスマスイブ」のBGMが流れる中、斉藤由貴が電車で愛する人に会いに行くシーンがあるのですが、はっきり言ってこのラストのシーンの為だけに存在する映画です。1988年から1992年に深津絵里や牧瀬里穂などが出演したJR東海のテレビコマーシャル「クリスマス・エキスプレス」をそのまま映画のワンシーンにしています。

また、以降掲載の画像は上が劇中の物で下が現在の画像となります。30年以上の時間の経過を比較してみてください。


神林苫子(斉藤由貴)と浜田知佳(山田邦子)は、大田区仲池上1丁目の道路を1本隔てた隣り合わせのマンションに住んでいます。

冒頭のシーンで浜田知佳(山田邦子)がマンションの屋上から虚偽の投身自殺をします。

緑色のマンションの屋根に浜田知佳(山田邦子)が立つ様子を撮影できるのは、神林苫子(斉藤由貴)のマンションのベランダからしかできないので別の角度の路上から撮ったもので雰囲気だけ見てください。

 

浜田知佳(山田邦子)の飛び降り自殺を目撃した神林苫子(斉藤由貴)は、浜田知佳のマンションの裏に確認に行く。

画像左が神林苫子(斉藤由貴)のマンションで、仲池上オリエントコート(大田区仲池上1丁目3−3)

画像右が浜田知佳(山田邦子)のマンションで、ヴェルドール芳花園(大田区仲池上1丁目2−17)

現在も同じマンションが建っているので、ほとんど変化していません。

 

浜田知佳(山田邦子)の虚偽の飛び降り自殺をきっかけに知り合った神林苫子(斉藤由貴)

親睦を深めるため?に公園でパーティーをする。

この公園は、仲池富士見児童公園と言って扇状の滑り台が特徴的な公園です。

場所は神林苫子(斉藤由貴)のマンションの裏手(大田区仲池上1丁目3)にあります。

 

 二人の後ろに見える太陽の絵は消えてしまってます。

 

ビールを冷やしている水飲み場はセットかと思っていましたが本当にありました

 

神林苫子(斉藤由貴)と浜田知佳(山田邦子)は親友?となり一緒に出勤するシーンが何回かあります。

二人が住むマンション近くに線路を跨ぐ歩道橋があります。後ろの白いマンションが神林苫子(斉藤由貴)のマンションです。

 

歩道橋を渡る二人。右後ろの緑のマンションが、浜田知佳(山田邦子)のマンションです。かつての歩道橋は金網で景色が見えて開放的でしたが、現在は壁に挟まれて閉塞感があります。

 

歩道橋を降りる二人。横の街路灯はLED化されたのか小型になっているようです。

 

神林苫子(斉藤由貴)と浜田知佳(山田邦子)が通勤に使っている駅は、映画を見ているだけでは二人の住むマンション(大田区仲池上1丁目)の近くの歩道橋を渡った先にあるように思えますが、実際はJR東神奈川駅(横浜市神奈川区東神奈川1丁目)でかなり距離があります。

第二京浜道路沿いにあるJR東神奈川駅西口に向かって走る二人。昔は西口階段を降りた所に公衆トイレがありましたが、現在は餃子の王将ができてます。

 

餃子の王将の向かいにJR東神奈川駅の階段があります。映画では「舞花駅」との表記がありますが映画用に取り付けたものです。ちなみに千葉にある東京ディズニーランド最寄駅のJR舞浜駅は、この映画公開の約1年前に開業していました。

ズル大佐も舞花駅を一生懸命探していましたが、東神奈川駅に偽の看板を取り付けているとは思いもよりませんでした。てっきり千葉の舞浜駅かと騙された方もいたかもしれませんね。

 

階段を駆け上る苫子、コケた知佳が「待って!親友でしょ〜!」と叫ぶ。苫子は「親友じゃありませ〜ん。」

 

知佳が「あんたがロンパールームの困ったちゃんだったってバラしてやる!」と脅すと、苫子は狼狽えながら「もう時効です!」

 

苫子を出し抜き東神奈川駅の改札を通る知佳。1989年当時はまだ自動改札ではなく切符切りの駅員がいます。

 

改札を抜けてホームに降りる二人。JR東神奈川駅はまだ昔の姿が残されていました。

 

神林苫子(斉藤由貴)と芥川純平(大江千里)が出会うのは、JR五反田駅前の横断歩道

以前撮影したはずですが画像を無くしてしまいました。また後日撮影に行きます。

 

太宰亨輔(加藤昌也)を含むイケメン達が飲んでる側で、神林苫子(斉藤由貴)達モテない女子達がやさぐれながら飲んでいました。苫子は何気に太宰亨輔(加藤昌也)のライターを見つめていると、なぜか犬になってしまう。

彼らが飲んでいたのは、渋谷区神宮前6丁目25−16にある「いちご神宮前ビル」地下のレストラン。レストラン内部のシーンはセットかもしれません。

犬になった苫子が階段を上がってきたビル1階は歩道ギリギリまで広げられていますが、外壁は当時と同じ白いタイルが残されています。

見にくいですが当時の右端の銀色の看板に「23」の文字が見られます。現在の看板には「STUDIO 23」の文字が大きく記載されています。「23」に共通点がありますが、「23」の名が付く会社がずっとここで営業しているのでしょうか?

犬になった神林苫子(斉藤由貴)が太宰亨輔(加藤昌也)に馬乗りになり襲いかかった歩道の様子です。

この後太宰亨輔(加藤昌也)がよじ登る電柱が地中化され無くなってます。左端の街路樹や柵は当時のままのようです。

大きく変わったのは、画像奥の歩道橋がなくなっていることです。2013年のGoogleストリートビューを見ると、ほんの数年前までこの歩道橋があったようです。

このロケ地を探し出すのには結構苦労しました。DVDのオーディオコメンタリで原宿の近く明治通り沿いという事は判明していましたが、大きな手がかりになると思われた歩道橋が現在のストリートビューから無くなっていたのには惑わされました。

浜田知佳(山田邦子)は親友の神林苫子(斉藤由貴)に自分の彼氏太宰亨輔を紹介するためBARに誘う。

BARのロケに使われたのは「マンボウズ」というレストラン。

二人を乗せたタクシーが角を曲がるところ。この左の建物は「表参道スクエア」という商業ビルで、地下に「マンボウズ」がありました。

画像では見えなくなっていますが、当時の中央の看板にはロイヤルホストの表記が見えるので、現在フライングタイガーが営業している1階ではロイヤルホストが営業していたようです。

このマンボウズを3日間貸し切って撮影を行なったそうです。水槽とマティスの絵が印象的なレストランですが、マンボウズの名前から水槽は元からあったと思われます。オーディオコメンタリの話からマティスの絵は映画のために描かれたもののようです。

タクシーを降りた二人。当時の画像に青い文字でマンボウズの表記が見えます。

現在は「バルバッコア青山本店」というブラジル料理のレストランが営業しています。

4人がダンスしたフロアー、お酒を飲んだカウンターはもうないでしょうが、店内へのアプローチなど当時の雰囲気が感じられるかもしれません。

東京都渋谷区神宮前4丁目3-2 B1F「バルバッコア青山本店」

現在下書き中

ズル大佐退院しました。

DSC02680
こんにちはズル大佐です。

1月12日深夜に脳梗塞を発症し、虎ノ門病院に入院していたズル大佐ですが、本日無事に退院する事が出来ました。
入院していた13日間は長かったですが、自分の健康の事を見直す良い機会だったと思います。これからは食事をはじめ生活習慣全般を見直し、再発しないように心掛けます。
今回はたまたま何の後遺症なく幸運でしたが、次はどうなるか分かりませんもんね…?

入院中収穫もありました。転んでもただでは起きない精神で入院中ダイエットをしていました。出される病院の食事はカロリーと栄養の計算がされており全部食べるべきなのでしょうが、ズル大佐はダイエットの良い機会だと思ってご飯とデザートを残す「炭水化物抜きダイエット」を実施しました。
結果、入院時より2週間で約4kg痩せることに成功しました!痩せる事で内臓脂肪が減ったせいか血圧は正常値になったし(降圧剤は飲んでません)、多分他の数値も良くなっていると思います。とりあえずもう2kgほど痩せたらその体重をキープして行きたいと思います。

これからも、良かったら40代独男がぷらぷらと書くブログを読んでくださいませm(..)m

ズル大佐 脳梗塞で入院中T^T

IMG_1895.JPG
こんにちはズル大佐です。

窓から東京タワーが良く見えてますが、ズル大佐は現在、東京港区にある虎ノ門病院に入院してます。
12日の夜、新橋と銀座のバーで食事して帰宅したのち、部屋で映画をみていたら突然左半身が動かなくなりました。
意識ははっきりしていたのですが、これはただならぬ事態だと思い、携帯電話まで這いつくばりながら行き、ろれつが回らない声で救急要請しました。

ほどなく救急隊が到着し、虎ノ門病院へ搬送してくれました。
それまで左半身は麻痺したり動くようになったりを数回繰り返しましたが、自分でも「これは脳梗塞か何かだな⁈後遺症が残るかな?」と不安な思いが駆け巡りました。
病院では血液をサラサラにし、脳梗塞に極めて有効だが場合によっては出血し重篤な状態になる可能性があるtPAとかいう強い薬を注射しようとしましたが、直前にズル大佐の左手足が動くようになり、先生が注射を中止して点滴で他の薬剤による治療に切り替えてくれました。

その後、点滴による薬剤治療が現在まで続いています。
最初左半身に麻痺が有りましたが、現在は左手に若干の違和感を残すのみで、至って元気になってます。
一時は死や大きな後遺症も覚悟しましたが、この程度で済んだのは幸運だったと思います。
やっとベッド寝たきりから車椅子移動が出来るようになりましたが、まだ病院での治療、検査やリハビリが続きます。同じ脳梗塞から復活した磯野貴理子さんのようにズル大佐も完全復活を目指して頑張ります!
ということで、15日に行く予定だった羽田〜那覇〜名古屋〜那覇〜羽田の第2回SFC修行はキャンセルせざるを得ませんでしたT^T

ブログの更新とSFC修行は、病院を退院次第続けて行きますので、今後もよろしくお願いします
m(_ _)m

IMG_1894.JPG