東京ラブストーリーロケ地巡り最終話

東京ラブストーリーロケ地巡りOP
東京ラブストーリーロケ地巡り第1話
東京ラブストーリーロケ地巡り第2話
東京ラブストーリーロケ地巡り第3話
東京ラブストーリーロケ地巡り第4話
東京ラブストーリーロケ地巡り第5話
東京ラブストーリーロケ地巡り第6話
東京ラブストーリーロケ地巡り第7話
東京ラブストーリーロケ地巡り第8話
東京ラブストーリーロケ地巡り第9話
東京ラブストーリーロケ地巡り第10話
東京ラブストーリーロケ地巡り最終話

こんにちは、ズル大佐です。 まずは最終話のあらすじ。
このあらすじはロケ地巡りの為に書いたもので、変な文章や回りくどい表現がありますが、あしからず。

第11回 東京ラブストーリー 1991年3月18日放送

「さよなら」

小学校の校庭で会った二人。
校舎の柱に刻まれた二人の名前を見ながらリカは、これから10年、20年も残るのかなぁと言うが、完治は廃校が決まっており取り壊されると告げる。

三上はさとみが、完治のことで悩んでいるのではないかと心配して、さとみの勤め先を訪れた。

バッティングセンターで、尚子は別の男と結婚したと伝えた。

二人はいろいろあったが、また友達関係に戻って楽しく話せるようになっていた。

完治は約束どおり故郷の町を案内した。(肱川、大洲旧市街のおはなはん通り、大洲神社)子供の頃の思い出の場所を巡りながら、お互いの気持ちを話す。

たばこ屋がある通りを歩く三上の前に、新婚旅行から戻ってきた尚子が現れる。行きの飛行機が着いたその便で、そのまま引き返してきたのだ。新郎も親も捨てて三上の胸に飛び込んできた尚子をしっかり抱きしめる三上。

梅津寺駅近くの堤防で、完治を好きだったことを胸の奥にしまってロスへ行くと言うリカに、もっと楽に生きろと言う完治。

完治に抱きつきリカは、「最後のお願い、駅で待ってると」言う。

午後4時48分の電車に乗るので気持ちが変わったら来てと去っていくリカ。完治は一人たたずんでいた。

電車の出発時刻がせまる中、完治は梅津寺駅に向かって走り出した。リカの乗る予定の電車に駆け乗り、乗客を見渡したがそこにリカの姿はなかった。電車が走り去った後、駅員にリカのことを尋ねると、一本前の午後4時33分の電車に乗って行ったと教えられた。リカが立っていた場所に近づくと、そこには完治がリカに貸したハンカチが結んであり「バイバイ、カンチ」と書かれていた。

一本前の電車に乗ったリカは、完治との出会い、楽しかった出来事を思い出し、ひとり涙にあふれていた。

愛媛から戻った完治の元に、リカから別れの手紙が届く。完治と出会えてよかった。また、会えるよね?と。

そして3年後、

三上と尚子の結婚式にやっと二人の結婚を許した尚子の両親が現れる。

式の後、グランドプリンスホテル高輪国際館パミールの階段で完治・さとみ夫妻から祝福を受けた。

結婚式の帰り道、表参道河合楽器の前で、完治は前から歩いてくるリカを見つけ声をかける。振り返るリカは、完治とさとみが結婚したことを知りおめでとうと伝える。さとみは、二人で同窓会をしてきてと気を利かせた。

2代目日本青年館の屋上で、完治のことを永尾君と呼ぶリカは、永尾君を好きになり、好きになってくれたことを大切に思っている…。と元気に話す。

3年前同時に振り返って別れた思い出がある代々木公園イベント広場で、昔と同じように同時に振り返り別れる二人。「カンチ!」と呼んで、笑顔いっぱいに手を振るって去っていくリカの後姿を黙って見送る完治だった。

リカは三菱石油の前を通り、日本青年館の屋上から夕焼けに映える新宿の高層ビル群を見つめていた。


小学校で再会したカンチは、自分の生まれ育った街をリカに案内する。
大洲市の肱川河川敷を歩きながら、台風が来るとワクワクした話をする。
実際、平成30年7月7日の豪雨で肱川が氾濫し9名の方が亡くなりました。完治の故郷である大洲の旧市街は被害から免れたそうです。


大洲市旧市街の「おはなはん通り」を歩く二人。
昔からの町並みが保存されています。左の建物も外壁が綺麗になっておりアスファルト舗装は石畳に変わってます。

この画像もおはなはん通り。後ろの建物はそのままです。

大洲神社の手水舎は同じものが建ってます。
カンチがリカにハンカチを貸してあげると「洗って返すね!」と言ってバッグの中に。しかしこの後、ハンカチに落書きされた上に駅に放置される(笑)

二人でお参りした社殿は建て直されました。
狛犬の位置も変わってますね。
リカはどんな願い事をしたんだろう?


お参りを済ませ石段を下る。大洲の町が一望できる場所でしたが、現在は木が伸びて邪魔してます。



大洲神社の石段は昔そのまま。

神社の禁止看板ですが、よく見ると当時と筆跡がまったく同じ!
ということは、28年前の物が残っているのか?


目黒駅近くのタバコ屋のある通り。
劇中、みんなタバコ屋の方向に歩いてますが、その先にカンチやリカの部屋は有りません。むしろ手前の方向です。

背景のマンションは当時のまま。

おはなはん通りのすぐ近くになります。画像ではよく見えませんが、リカの背後に赤いポストが立ってます。
カンチを待つ間に絵葉書を書いていたようです。この直後ポストに投函します。

場所は変わって梅津寺駅近くの堤防です。
堤防に段差があったのですが、現在は継ぎ足され高さが揃ってます。


堤防内に「梅津寺パーク」という遊園地があったのですが、2009年3月15日閉園しました。2010年5月より愛媛FC(J2リーグ)の練習場「愛フィールド梅津寺」になりました。


ズル大佐が撮影した日は雲ひとつない快晴でした。28年前のあの日も同じ真っ青な空だったんですね?


「気が変わったら駅に来て、最後のお願い。」と抱きついた背後の灯台は昔のまま。


カンチが佇む桟橋はテトラポットの防波堤になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完治を残し梅津寺駅に向かうリカ。駅前には大きな建物があったようですが、現在は広い空き地になってます。


梅津寺駅のホームで電車を、いや、カンチを待つリカ。


リカが立っていた場所の手すりには今でもハンカチが結ばれています。ズル大佐が結んだハンカチは一番左です。


リカが乗ろうとする電車の時間が迫り駅に向かって走るカンチ。梅津寺公園の梅林の中を時計を見ながら急ぎます。

踏切を走って渡る!


改札も無視して走る!


しかし、リカはいませんでした。手すりにはリカに貸したハンカチが結ばれてました。


ズル大佐も「バイバイ カンチ」と書いたハンカチを結んできました。
「バカ」に見えますが、「バイバイ カンチ」です。

途方にくれるカンチ

途方に暮れたズル大佐の影

リカを乗せた電車は夕日の中走ります。


さようなら、カンチ(涙)

東京に戻ったカンチが出勤するのは神泉町交差点近く、当時は商店が並ぶ町並みだったようですが、現在は渋谷ガーデンタワーが建ってます。


さとみとカンチが歩くのは渋谷橋交差点の近く天桂禅庵というお寺の脇あたり。


リカを失ったカンチは寂しそう。


そんなカンチの元へ、リカが大洲市で投函した絵葉書が届く。
消印が平成3年3月25日ということは、この放送の1週間後なので小道具さんが作ったものですね?また、品川区戸越7丁目という住所は存在しません。もちろんクレドール品川というアパートもありません。

心にポッカリ穴が空いたカンチ


追伸、元気ですか?

三年後、三上健一と長崎尚子は結婚する。式を挙げたのは尚子が1度目の結婚式をしたグランドプリンスホテル高輪と同じ敷地内にある国際館パミール。


さとみとカンチも結婚しました。二人が歩くのは表参道の河合楽器の前あたり。


リカと偶然出会う!


二人だけの同窓会。2代目日本青年館の屋上で話した後、思い出の代々木公園イベント広場にやってきた。


いつだったか、こんな事あったな。
あった、あった。
じゃあ、いつかみたいに せーので後ろ向こう。
OK
せーの


カンチ

カンチ!

大きく手を振ってカンチと別れ、

思い出のガソリンスタンドの前を通り、

缶を蹴っ飛ばしたなぁと思い出しながら、


2代目日本青年館の屋上から夕日を見つめるリカ。

東京ラブストーリーロケ地巡り最終話」への3件のフィードバック

  1. もぐたんです

    ズル大差!お久しぶりです、もぐたんです、久々に遊びに来たら、東京ラブストーリーと内容とわかりやすい、before&afterの比較写真が!このドラマ当時大好きで全部欠かさずみました!、ズル大差のブログも、オープニングから最終回まで1文字、1写真も見逃ずに一気読みしました!このドラマが大好きで当時の気持ちになり、さとみが憎ったらしくて、リカのせつない思いに胸がキュー、カンチはやっぱり優柔不断で、カンチバイバイじゃなくて、カンチバカですね!!
    なんか最後はやたらカンチとさとみが幸せになっちゃて、まぁ、結局はリカとカンチがくっついたとしても、さとみと浮気とかになるなら、やっぱりこの終わりだったのかなと思うけど、うーん、リカを思うと辛いですね、でも、リカのカンチに対しての大きな愛と爽やかさで終わりでしたね。

    場所も、変わらない所もあったり、建物がすっぽり無くなったり、

    まとまりの無い文章ですみません
    なんか、とにかく大感動しました。
    有難うございました!!

    返信
  2. ズル大佐 投稿作成者

    もぐたんさん、お久しぶりです。
    コメントありがとうございます。
    この東京ラブストーリーロケ地巡りブログ制作は、昨年の5月くらいから都内、神奈川、愛媛と少しづつ撮影して回ってやっと形にすることができました。
    自分でもこんな根気の要る作業を良くやったなと思ってます。
    まだ取材は続いてまして、ブログはアップグレードしていきますのでたまにのぞいてみてください。
    東京ラブストーリーは、私にとっても思入れのある作品でして、何度見ても泣けてきます。
    あれからもう28年も経つんですね?
    東京の街も随分変わってしまいました。特にここ臨海副都心は、当時何もありませんでしたからね。
    東京ラブストーリーの舞台、あの頃の東京が完全に失われてしまう前に記録しておきたかったんですよ。
    ところでつい先日、マンションのお友達と私の部屋で最後の3話を鑑賞する機会があったのですが、結構盛り上がりまして、その方も大泣きしてました。(カンチとさとみの悪口でも盛り上がりましたが)
    また今度、東京ラブストーリー鑑賞会をやろうということになってますが、よかったらもぐたんさんもいかがですか?

    返信
  3. もぐたん

    ズル大差!こんにちは✨❗
    ご連絡遅くなってすみません。私のコメントをアップしたのですが、なぜか❓一度目は消えたように見えたので、再度投稿したら2度とも投稿されてましたね
    (汗 東京ラブストリー巡礼地の記事は昨年の5月から取材されてるなんて、
    大作ですね!!ほんと、東京ラブストリー好きの読者の私には、読みごたえがあって最高!でした。当時のフジテレビで
    ドラマの制作に携わった方がこのブログを見られたら感激ものでしょうね
    !! こんなにも長くこの作品を未だに愛して心に残し、さらに過去と現在の比較まで広がっているなんて! 
    あれから28年も経ってしまったなんてびっくりです。

    ドラマは、リカが書いたハガキの文面もじっくり読みました。ますますリカのファンになっちゃいました。カンチがさとみの事を好きなのが分かるから身をひいたけど、おしつけがましくなくせつなく爽やな感じですよね。やっぱり、リカの役はあの頃の鈴木ほなみさん以外いないですよね。最後の橋の上からのアップの顔が全てを吹っ切りながらも、懐かしそうに微笑む顔が好きです。
    さとみは重い女で何も出来なさそうなふりをしながら、がっちりカンチを押さえ込むタイプ、すんごい苦手で正直、嫌いです!苦笑

    町も変わりましたよね。きっと都心にこんなにタワーマンションなんて無いですよね。そう昔のお台場は本当に寂しい場所でしたよね。私も知ってます。こんなに商業地帯になるなんてびっくりです。
    多分、ズル大差と私は同年代ですね!

    鑑賞会のお誘い有難うございます!
    すごく伺いたかったです
    本当に(社交辞令無しに)行きたいのは山々なのですが、実は、もぐたんは
    働きながらの主婦なので毎日ドタバタしていてなかなかお伺いできそうにないです。申し訳ありません
    気持ちだけは、鑑賞会に参加して、あーだこーだとドラマを皆さんと語っているつもりでいます!!

    これからもドラマのブログのアップは続くんですね!楽しみにしていますね♪
    私も、最近のドラマも見ますが、昔のドラマが好きです!
    やまとなでしこ、神様もう少しだけ、
    なども好きでしたねー。
    ではではまた(^з^)-☆

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください