東京ラブストーリーロケ地巡り第9話

東京ラブストーリーロケ地巡りOP
東京ラブストーリーロケ地巡り第1話
東京ラブストーリーロケ地巡り第2話
東京ラブストーリーロケ地巡り第3話
東京ラブストーリーロケ地巡り第4話
東京ラブストーリーロケ地巡り第5話
東京ラブストーリーロケ地巡り第6話
東京ラブストーリーロケ地巡り第7話
東京ラブストーリーロケ地巡り第8話
東京ラブストーリーロケ地巡り第9話
東京ラブストーリーロケ地巡り第10話
東京ラブストーリーロケ地巡り最終話

こんにちは、ズル大佐です。 まずは第9話のあらすじ。

このあらすじはロケ地巡りの為に書いたもので、変な文章や回りくどい表現がありますが、あしからず。

第9話 東京ラブストーリー 1991年3月4日放送

「行かないで」

昨晩、リカから富ヶ谷公園に呼び出され相談を受けた和賀部長は、カンチをランチに誘い「うのさと」で食べる。

リカの愛を全て受け入れる自信がないとグチをこぼすカンチは、「リカから逃げたいのなら簡単だ、ロスに行かせろ。」と部長に言われる。

夜、アルジャーノンでリカと会った完治は、ロスに行くのがリカの夢なら、それをやめるべきじゃないと言うが、リカの本心は強くロス行きを止めて欲しかった。

カンチはセルリアンタワーの前の坂道を、リカは線路沿いの坂道をそれぞれ歩いて帰る。

とある喫茶店で長崎尚子は披露宴の招待状を三上に渡そうとするが、三上は親のいいなりで結婚したり、他の女の代わりになるような、そんな安い女じゃないだろうと言う。

さとみはアパートで同僚のときこと鍋をするが、ときこが完治を電話で呼び出し三人で鍋を食べることになる。

リカは、ジャックダニエルのボトルを持って三上のマンションの前で待っていた。

三上の部屋で飲みながらリカは、ロスに行きたくないと本心を言うが、三上は「永尾の事だ、お前のためを思ってロスへ行けと言うに決まっている。」と言う。

リカは「カンチ一途だもん、そんな簡単に好きな人のこと忘れたりしないよ。」と、カンチの心がさとみに傾いていると言い、どうして俺とさとみが別れた時に、さとみのところに完治を行かせたのか?との問いかけに、「しょうがないでしょ、そうしちゃうんだもん。」と答えた。

ときこは先に帰り、二人きりになったさとみとカンチは高校時代の話で盛り上がり、今度おでんを作ってあげると約束する。

カンチの帰り際、もし、あの時あの日からやり直せるならと言ってしまうが、やり直せるはずもないとどちらともなく言う二人…。

翌日、会社の倉庫でカンチに行くなと言って欲しいと言うリカは、「俺はリカの人生背負うのは重過ぎる、もう俺なんかよせよ…。」と言ってしまう完治の頬をビンタする。

完治からかかってくる電話を待つリカだったが、一向に電話のベルは鳴らない。そして、リカはついにロス行きを決心する。

喫茶店でカンチはさとみと会い、リカがロスに転勤になると告げ、自分が行かせようとしてリカを傷つけてしまったと自分を責めた。

さとみはカンチのそういうところは素敵だとなぐさめる。

表参道駅B2口で、さとみにあと五分だけ付き合ってくれと別れを惜しむ。

尚子はBARに三上を呼び出し、婚約者を見せつけたが、夜突然三上の部屋に泊めてくれとやって来て抱かれる。

翌朝リカはカンチを日本青年館の屋上に呼び出し、とほほだよ、カンチがいなきゃと自分の正直な気持ちを伝える。

三上は西郷山公園にカンチを呼び出し、リカのロス行きを止められないのは、リカの愛を受け止められないだけではなく、さとみのことが気になっているからだろう、お前の気持ちを全部リカに話してやれと言われる。

夜カンチはリカに話をしたいと電話をし、夜9時に渋谷パンテオン前(現ヒカリエ)で会う約束をする。もし1秒でも遅れたら帰ると言いつつうれしそうに支度をするリカ。

約束の時間に間に合うよう、家を出ようとする完治のところへさとみがおでんを持って訪ねて来る。

これからリカと会う約束があると言う完治に「行かないで」とつぶやくさとみ。

「好きなの」と自分の気持ちを言うさとみに、もうこれ以上リカを傷つけられないと完治は言うが、それでも行かないでと繰り返す。約束の時間がせまる…。

寒空の下、何度も時計を見て完治が来るのを待つリカ。

完治は悩んだ末、リカとの約束よりもさとみを選んだ。

約束の時間が過ぎ、完治はさとみを抱きしめる。

リカは待ち続けたが、一人で寂しく帰る…。


リカと話した後、完治が歩くのは渋谷のセルリアンタワーの前


リカが歩くのはいつもの線路脇


さとみのアパートで鍋を囲む



また同じアングルで撮ってみました


リカと同僚たちは休日出勤で納品に行きます。
納品先は今は無いミナミスポーツ。外観はガラッと変わって現在はABCマートが営業していますがビルは同じものです。左手の入り口と右手のショーウィンドウ、横断禁止標識や街路樹・街路灯に当時の面影があります。
ABCマートプレミアステージ新宿3丁目店
住所:新宿区新宿3-13-5


車から荷物を下ろすリカ。
リカの背後の富士そばと野村證券は現在も営業しています。


馬鹿笑いする渡辺(中山秀征)
ヒデちゃんの背後にチラッと見える緑色の変圧器は現在もあります。
背後の台形窓が特徴的なビルは、第4話でリカやカンチ達四人で行った東京大飯店が入っていたビルです。


さとみと別れ難い完治が、後5分良いかな?って言ったのは表参道駅B2口だと思う。地下鉄マークの向こうの一方通行標識からここではないかな?と。


完治と三上が話すのはいつも西郷山公園
手摺は変わってしまいましたが、二人の背後のマンションが同じですね?


リカのマンション


リカが完治を待つのは、東急文化会館前。
東急文化会館には4つの映画館が入っており、その1つが渋谷パンテオンでした。東京ラブストーリー物語の中ではメンフィスベルが公開中。
2003年(平成15年)に閉館し建物も取り壊されました。跡地には2012年(平成24年)渋谷ヒカリエが開業しました。
東急文化会館
住所:渋谷区渋谷2丁目21−12

在りし日の東急文化会館
屋上にはプラネタリウムもありました。

リカが立っていたのは渋谷パンテオンの看板の前あたりでした。現在のヒカリエの連絡歩道橋の下あたりでしょうか?


私ね、ずっとこのままでいたいなんて気持ちって、今まで感じたこと無かった。
明日悲しいことがあるって判ってても私、明日が来るのが嬉しかった。
でもさ、カンチにサヨナラ言わなきゃいけないのかなって思うと、時計がカチカチ鳴ってるのが怖かった。
そしたら電話しちゃった。

トホホだよ、カンチがいなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください