東京ラブストーリーロケ地巡り第2話

東京ラブストーリーロケ地巡りOP
東京ラブストーリーロケ地巡り第1話
東京ラブストーリーロケ地巡り第2話
東京ラブストーリーロケ地巡り第3話
東京ラブストーリーロケ地巡り第4話
東京ラブストーリーロケ地巡り第5話
東京ラブストーリーロケ地巡り第6話
東京ラブストーリーロケ地巡り第7話
東京ラブストーリーロケ地巡り第8話
東京ラブストーリーロケ地巡り第9話
東京ラブストーリーロケ地巡り第10話
東京ラブストーリーロケ地巡り最終話

こんにちは、ズル大佐です。 まずは第2話のあらすじ。

あらすじはロケ地巡りの為に書いたもので、変な文章や回りくどい表現がありますが、あしからず。

第2回 東京ラブストーリー 1991年1月14日放送

「愛ってやつは」

翌朝、出勤する完治は、神泉交差点近くのイチョウの街路樹にピョンピョン飛び跳ねるリカを目撃する。完治はジャンプして木に引っかかったリカの靴を取ってやる。

夕方、ハートスポーツ社から同僚と出てきた完治に三上は声をかけるが、昨夜三上とさとみの路上キスを見てしまった完治は「お前に用はないよ」と行ってしまう。

通りかかったリカから三上は、昨夜の出来事を完治が目撃したと教えられた。

その後、リカと三上は完治のアパート、クレドール品川へ行き、強引に入ると昨夜の件はいつものことだと弁解する。さとみはただの女だよと強がる三上だがリカは見抜いていた。

完治は一人部屋を出て、公衆電話でさとみを明日デートに誘う。

翌日完治とさとみは、恵比寿駅西口にお互い約束の15分早く着いた。

昨晩リカからもらったチケットでアイスホッケーの試合を見に行くことにする。

二人きりのデートだと思っていたが、アイスホッケーの会場、西武新宿線東伏見駅近くのダイドードリンコアイスアリーナに突然リカが現れ、割り込んで来た。試合を楽しんだあと、完治はさとみと二人で食事に行こうとするが、さとみがリカを誘い、しぶしぶ完治は三人で行くことに同意する。

三人はBAR「アルジャーノン」で食事する。

さとみが席をはずしている時に、完治はリカの不倫のことで無神経なことを言ってしまいリカを怒らせる。リカは完治にビールを浴びせ帰ってしまう。

食事の帰り道、さとみと二人きりになった完治は、「俺と付き合ってくれないか。」と告白したが、さとみは嬉しいと言いつつも返事は宿題にさせてとその場は別れた。

一方、大学で孤立し留年しそうな三上に、同じ研究室の長崎尚子がノートを差し出した。

三上はさとみに、キスしたことを謝るため電話をするが、途中で切られてしまう。しかし気になるさとみは、自分から三上に電話を入れるが、そっけない言葉しかかえってこない。完治から告白されたことを話すと、「似合っている」と思わず言ってしまう三上。

ずっと怒っていたリカだったが、完治のため仕事を手伝ってあげ、そのお礼におでんをおごってもらうことになり、午後7時に喫茶店「マックスロード」で待ち合わせる約束をする。

仕事を終え退社しようとする完治に、さとみから電話が入り告白の返事をするという。リカのデスクに今日は行けなくなったことをメモで残し、さとみのもとへ向かう。

しかしリカはそのメモを見ることなく喫茶店マックスロードで完治をひたすら待つことになる。

恵比寿駅西口で待ち合わせ、BAR ZELDATでいい感じの完治とさとみだった。だが、高校時代の思い出を話す中、さとみの机に落書きがされてあり泣いて帰った翌日、完治がきれいに消してくれていたことがとてもうれしかった、と話すさとみに完治は顔を曇らせる。それは俺じゃない…。たったひとり三上が放課後残って、机の落書きを消していたんだと告げる。完治の言葉に動揺するさとみの心には三上がいることに気付いてしまう。

さとみの交際の返事はOKだったが、完治は「取り消すよ、付き合おうと言ったこと。」と一人で行ってしまう。

完治に振られたさとみは落ち込んでアパートに帰ってくるが、そこには三上が待っていた。

さとみの気持ちを知り、やりきれなくなった完治がアルジャーノンで一人飲んでいるところに同僚達と出くわし、リカが約束の場所へ向かったことを知る。

完治は約束の喫茶店マックスロードへ走った。

雨の中、11時15分ともうすでに約束から4時間15分も過ぎているのに、店の前で傘をさすリカが待っていた。

待ち尽し疲れ果てたリカは完治の胸に顔を寄せ、もう限界…。と言って一人帰って行く。


出勤時靴をイチョウの木に引っ掛けたリカがピョンピョン飛び跳ねる。
枝の状態からこの木で間違いないでしょう。木が成長したので完治も届かないかも?


ハートスポーツ社脇にスープラを停めて完治を待つ三上。
右のアパートは当時のままです。
トヨタスープラを乗り回し、新宿の高層ビル街のマンションに住む医大生の三上はボンボン感丸出しです。バブル絶頂期とはいえ当時の若者には真似できません。

この辺も当時のままですね。三上に「あっち行ってくんないかな、あんたに用無いんだ。」って言われた渡辺(中山秀征)は、チョイ可哀想。

リカと三上が押しかけてきたのは完治のアパート「クレドール品川」
現在は両脇に建物が建ってしまい全体は見られなくなってしまいました。
住所:品川区上大崎2丁目


部屋の中はこんな感じ。後ろのブロック状の窓が実際のアパートの外見にも見られるので、ロケ地アパートの部屋を借り切って撮影しているのかと思っていましたが、渋谷ビデオスタジオに作られたセットでした。うまいこと騙されました!
引っ越したばかりのカンチの部屋に宅配便「フットワーク」の段ボール箱があります。なつかしー!

さとみと完治が待ち合わせるのは決まってJR恵比寿駅西口
背景の水色外壁のマンションは28年前と同じです。


そして行ったのは、ダイドードリンコアイスアリーナ、当時は東伏見アイスアリーナ。
リカの乱入で結局3人デートになってしまいました。
住所:西東京市東伏見3丁目1-25

またJR恵比寿駅西口で待ち合わせ、マックスロードではリカが待ってるのに…。
恵比寿駅は駅ビルができて当時とは大きく変わっています。


リカが待ちぼうけを食らったのはマックスロード
撮影時はエクセルシオール桜丘店でしたが、平成30年10月23日に閉店。
現在再開発中です。マックスロードの面影を残すレンガ積みのテラスも失われてしまうんでしょうね。


もうダメ、ここまで。  電池切れちゃった見たい。
来てくれてありがとう、嬉しい。
ホントだよ、ジンと来た。  なのに何でかな?
一緒にいたいのに、何でかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください