ANAプレミアムメンバーをねらえ!

2014-10-05_0017
こんにちはズル大佐です。

みなさん旅行や出張の時にはどんな交通機関を利用されますか?おそらく距離や利便性、費用を勘案して決めていると思いますが、東京に住んでいるズル大佐の感覚では、西は大阪、北は仙台より遠い場所なら飛行機を選択すると思います。
以前はそこそこ出張があったズル大佐ですが、現在は仕事で飛行機に乗る事あまりありません。旅行といえば九州の実家に帰省するくらいです。
ただ、ANAカードをメインカードとして、買い物はほぼこれで支払いしているのでマイレージは結構貯まっています…。いわゆる陸マイラーというやつですか?

そんなときパラダイス山元さんという方がラジオで話していたことが面白くて、彼の「パラダイス山元の飛行機の乗り方」という本を読んでみました。
パラダイス山元さんは、ラテン音楽のミュージシャンで公認サンタクロースとしても活動されている方のようですが、私が興味を持ったのは彼が桁外れの飛行機マニアだという事です。
彼は飛行機マニアの中でも搭乗するのが趣味というか生活というか、1年間で1022回搭乗した年があったり、1日で11回も搭乗した日もあったそうです!彼は旅行の手段であるはずの飛行機に乗る行為が目的と化しているのです。目的の空港に着いてもそこから出て観光する事も無く、乗ってきた飛行機にまた乗って帰ってくるそうです。そんな行為をタッチと言うらしいです。
彼の著書「パラダイス山元の飛行機の乗り方」は世界で一番役に立たない飛行機の乗り方が書いてあるとご自分で言ってます。

まぁ、彼のマネをしようとしても無理なので、彼の飛行機漬け生活の副産物である航空会社のお得意様サービスを受けられるように、私も無駄に飛行機に乗ってみようかなと思ったのです。
航空会社には自社の飛行機をよく利用する顧客に対して特別なサービスを設けています。ANAなら「ANAプレミアムメンバーサービス」、JALなら「JMB ダイヤモンド」「JMB サファイア」サービスなどです。
パラダイス山元さんはJALもANAも最上級のダイアモンドサービスを継続しているのですが、ズル大佐はANAカードを使っているので「ANAプレミアムメンバーサービス」を受けられるように頑張ってみたいと思います。

この「ANAプレミアムメンバーサービス」を受けるためには、1月1日から12月31日の一年間に、プレミアムポイントと言うものを獲得し一定の基準を超える事で翌年からサービスを受ける事ができます。
プレミアムポイントとは飛行機に乗る事で得られるポイントで、陸マイラー・ズル大佐のように買い物することでも得られるマイルとは違います。飛行機に実際に乗ってポイントを獲得したお得意様に対するサービスという事です。
2014-10-05_0010
プレミアムポイントは、飛行距離や運賃のクラス等によって算出され、1年間に獲得したプレミアムポイントの値によって翌年のサービス内容が決まります。
また、「ANAプレミアムメンバーサービス」のダイヤモンドサービス、プラチナサービスを受けられるようになったらなら、所持しているクレジットカードANAカードを「ANAスーパーフライヤーズカード」に切り替える事ができ、上級会員サービスの一部を恒久的に受ける事ができるようになります。
とりあえずズル大佐は、プラチナサービスを受けるため、来年1月から50000プレミアムポイント獲得を目指したいと思います。

仕事で飛行機に乗る訳ではないので、時間と費用は全て自分持ちとなりますが、航空会社の特別扱いを体験してみたいので頑張ってみたいと思います。
このズル大佐の無駄な挑戦と体験はこのブログにもアップしていきますので良かったら読んでください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください