月別アーカイブ: 2014年9月

お台場オクトーバーフェスト2014

2014-09-26_1025
こんにちはズル大佐です。

最近は尿酸値が高くてあまりビールを飲まないズル大佐ですが、ビール党だった若い頃は一晩で大ジョッキ10杯飲んだ事もありました…。
ビールと言えば近年、各地で行われるようになったオクトーバーフェストというドイツビールを楽しむ催しがあります。
お台場でも9月26日(金)~10月5日(日)で開催される事になりました。
ズル大佐はららぽーと豊洲や日比谷公園で行われたオクトーバーフェストに行った事がありますが、もの凄い人出でビールを注文するものの、座る場所を探すのに苦労するほどでした。でも美味しいドイツビールを飲みながら仲間とワイワイ楽しむこのイベントはお勧めします。夜景の奇麗なお台場でとなればなおさらです!

オクトーバーフェストの起源は1810年、当時のドイツ皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女の結婚式をミュンヘン市民が祝ったお祭りが始まりで、以来毎年ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で開催されています。
現在では世界で最も規模が大きいお祭りとして、ミュンヘン市内の6つの醸造会社が運営する14の巨大ビールテントをはじめ、小さな屋台やアトラクションなど一日ではとても回りきれない広大な会場(その広さ、東京ドームの約9倍!)で多くのビールが飲み交わされます。
会場ではステージでの音楽や観覧車、ジェットコースターなどの移動遊園地など現代風に変化していますが、昔ながらの荷台にビール樽を積んだ馬車やブラスバンドの全長数キロに及ぶパレードは見所の1つとなっています。
ちなみに昨年は、640万人もの来場者によって、およそ700万リットルのビールが消費されたというから、まさに世界一のビール祭りです。

日本におけるオクトーバーフェストは、横浜で初めて開催され今年で12年目を迎えました。現在ではお台場をはじめ豊洲、日比谷、大井、芝の都内の他、幕張、長崎、奈良、東北など全国で行われるようになりました。
10月(オクトーバー)でなくとも、ドイツビール祭り=オクトーバーフェストとして、普段はなかなか飲む機会のない本場ドイツのビール、ソーセージをお台場で楽しみませんか?

お台場オクトーバーフェスト2014
日 時 2014年9月26日(金)~10月5日(日)
平 日 16:00~22:00
土 日 13:00~22:00 (L.O. 21:30)
雨天時も開催(荒天の場合、中止する場合があります)
会  場 シンボルプロムナード公園 セントラル広場
アクセス 新交通ゆりかもめ「台場」駅・「船の科学館」駅より 徒歩約5分
りんかい線「東京テレポート」駅より 徒歩約5分

実写版ルパン三世、意外にヒット!

2014-09-21_1149
こんにちはズル大佐です。

以前、実写版ルパン三世が制作されますよ!って投稿をしました。公開されたのでズル大佐も観に行きました。
感想としては、「おっ!意外にルパンになっているな。」って思いました。
日テレが権利を持っているルパン三世のテーマ曲を使わせてもらえないというハンディはありましたが、ストーリーや世界観は頑張って再現していると思います。
この映画に対しては批判も殺到していますが、そもそもそれらの方々はどんな実写版ルパン三世は認めないんでしょうね?
思い入れの強い作品だけに完璧を求めるのは仕方ないと思いますが、作品の価値を公平に評価したら結構良い線行っていると思いますよ?
ルパン三世の世界観や作風は、モンキーパンチの原作やアニメのシーズン毎、テレビ特番毎に全然違います。一番人気がありズル大佐も好きな「ルパン三世カリオストロの城」なんてルパン三世作品としてはかなりかけ離れていると思います。
この実写版ルパン三世も多様性の一つとして認めていいのではないでしょうか?
(目黒祐樹主演の「ルパン三世 念力珍作戦」は認められませんが!)(笑)

そんな中でズル大佐が感じたのは、峰不二子役の黒木メイサは、この娘こんなに愛らしい顔だったの?メイクでずいぶん変わったなぁ!って思いましたし、小悪魔度はバッチリでした。次元大介役の玉山鉄二は声が若く、もっと渋みを出してハードボイルド感がほしかった。ズル大佐の好きな石川五右衛門はカツラに違和感あり(笑)、クルマをまっ二つに切るくらいの斬鉄剣の威力があっても良かったかな?「また、つまらぬものを斬ってしまった…。」の台詞は期待してましたよ!銭形警部の浅野忠信とルパン役の小栗旬はそれぞれのキャラクターを次回作で確立して欲しいです。

実際この映画の興行成績はなかなか良いようで30億円に迫る勢いだそうです。おそらく制作される次回作にも期待したいですね!
(日テレさん、ルパンの音楽使わせてやってよ!)

関連記事
ルパン三世実写版 キャスティングと音楽につい

あそびにおいでョ!ってドラマ フジのお台場移転を暗示していた?

DSC02354
こんにちはズル大佐です。

みなさんはフジテレビの月9ドラマで、斉藤由貴主演の「あそびにおいでョ!」を覚えているでしょうか?
覚えている方はあまりいないでしょうね…。平均視聴率は13.3%で、歴代月9ドラマのワースト視聴率上位という不名誉な記録も持っている程ですから。
ズル大佐は斉藤由貴の大ファンで、彼女のドラマを録画するためにビデオレコーダーを購入したほどです。ドラマは何回も繰り返し見て現在はDVDにダビングして大切に保存してます。
この頃の斉藤由貴は21歳でちょっぴりふっくらしてますが、とっても可愛いです。ズル大佐の中では彼女のピークだと思っています。(今でも素敵ですよ!)

まずはドラマの簡単な紹介をします。
あそびにおいでョ!
放送時間 毎週月曜日21:00〜21:54(54分)
放送期間 1988年(昭和63年)7月4日から同年9月19日(全12回)
制作局 フジテレビ
主題歌  HELP!(ザ・ビートルズ)、挿入歌 Missing(久保田利伸)
出演者  田村虹子(斉藤由貴)、天城竹夫(高杢禎彦)、宮ノ下弥生(古村比呂)、別府良夫(山下真司)、別府伸兵衛(中条静夫)、水上京子(萬田久子)、丸駒照江(室井滋)、別府伸兵衛(中条静夫)ほか

概要
老舗百貨店「別府屋」の地下食品売場に勤務する21歳の田村虹子が、ひょんな事から企画担当部長に大抜擢され、試行錯誤を繰り返しつつも奮闘し、成長していく姿を描いたドラマです。

なぜこのドラマをズル大佐が紹介したかというと、主演の斉藤由貴演じる田村虹子が、企画部長として「レインボー計画」を立案し、ウォーターフロントに母と子のためのデパートを提案するストーリーで、このドラマを制作したのがフジテレビであるという事がフジテレビのお台場移転を暗示していると思ったからです。

不思議なのは1988年当時、東京のウォーターフロントといえる臨海副都心(レインボータウン)は存在していません。それどころか倉庫や工場がところどころにあるのみで荒涼とした空き地だったのです。1988年の臨海地区に在ったのは船の科学館と有明テニスの森(有明コロシアム)くらいでした。なにしろ臨海副都心開発が始まったのは1989年ですから。

この主人公の名前は田村虹子、レインボーですよね?
このドラマが制作された1988年に臨海副都心の公式愛称レインボータウンは決まっていたのでしょうか?
そしてこのドラマの企画は、現在のフジテレビ代表取締役社長の亀山千広氏です。亀山千広氏と言えば1997年の踊る大捜査線のプロデューサーとして有名ですが、1988年当時はまだ駆け出しのプロデューサーでお台場移転の決定に関わる事は無かったでしょう。もしかして社の上層部の意向を感じ取ってウォーターフロントにレインボー計画で新しいデパートを開業するなんてストーリーにしたのでしょうか?しかしフジテレビのお台場移転は約10年も後の1997年ですよ。

いまだにこの1988年放送のフジテレビドラマに虹(レインボー)とウォーターフロント(臨海地区)がストーリーの一部として扱われ、1997年のフジテレビのレインボータウン(お台場)移転を予言したのかナゾです(怖)
どなたか真相を知っている方がいらっしゃったら教えてください。

余談ですが、このドラマを擦り切れるほど見たズル大佐は以前ロケ地巡りをしました。田村虹子(斉藤由貴)と宮ノ下弥生(古村比呂)が共同生活するアパートは東急東横線の大倉山駅に在りました。また、彼女らが働いている老舗デパート別府屋は川崎駅前のさいか屋がロケ地として使われています。
さいか屋があるという理由だけで川崎駅近くに住んだ事があるズル大佐ですが、その思い出深いさいか屋が2015年(平成27年)5月31日までで閉店するそうです…。閉店前に一度行ってみたいと思います(涙)

IMG_1779.JPGさいか屋がなくなる前に写真を撮っておきました。もうすぐ見られなくなるんですね…。T_T