月別アーカイブ: 2014年3月

ガレリア・グランデ 大人のお洒落マンション

DSC02212
こんにちはズル大佐です。

お台場(臨海副都心)の住機能を担うのは、台場地区と有明北地区ですが、台場地区はそのほとんどがURや都民住宅などの賃貸マンションであるのに対して、有明北地区は分譲タワーマンションが中心です。

生活利便施設の乏しかった2003年当時の有明北地区に最初に建設されたのが、中堅デベロッパープロパストの「オリゾン・マーレ」です。

「オリゾン・マーレ」の成功を受けてプロパストは、同じ有明北地区に第2のデザイナーズマンションを建てました。
それが「ガレリア・グランデ」です。
「オリゾン・マーレ」同様豪華な造りで、導線を水景で彩られたガラス張りのエントランスホールは、間接照明に照らされたエスカレーターで上がり、その先には間接照明だけの暗いロビーへと繋がります。
シティホテルのような大理石張りの内廊下、有明スタイルには必須のライトアップされたプール、バーラウンジ、フィットネスルームを備えています。

そのお洒落なロケーションを生かしてTVドラマの撮影にも使われています。
フジテレビのドラマBOSSとBOSS2で主演の天海祐希が住むマンションとして使用されていますし、同じくフジテレビのTV特番「世にも妙な物語 春の特別編 (2009年)」では、「真夜中の殺人者」というストーリーで主演の相武紗季の住むマンションとして使用されています。

「ガレリア・グランデ」は立地が、ゆりかもめ「有明テニスの森駅」7分、りんかい線「国際展示場駅」13分と若干駅遠ですが、逆に東雲には近くそちらのイオンを始めとする商業施設が徒歩圏内となります。

間取りは「オリゾン・マーレ」より広さに余裕ある70㎡〜80㎡で1LDKまたは2LDK物件が多いようです。
生活に余裕のある単身やDINKS向けなのでしょうか?

残念なのは、竣工時には無かった首都高速がマンション前を通ったことと、すぐそばに「シティタワー有明」が建ち、お見合い部屋が発生してしまったことでしょうか。
中古相場は、70㎡で4300万円くらいですが、お見合い部屋や向きによって大きく変わるようです。

プロパストのこだわりが凝縮された都会的で洗練された希少な大人マンションがこの「ガレリア・グランデ」です。

2014-03-05_0839

2014-03-05_0838

2014-03-05_0837

2014-03-05_0832

2014-03-05_0836

2014-03-05_0840

名 称 : ガレリア・グランデ(Galleria Grande)
所在地 : 東京都江東区有明一丁目6番9
交 通 : ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩7分 りんかい線「国際展示場駅」徒歩13分
階 数 : 地上27階、地下1階
建物高さ: 最高部99.25m、軒高94.25m
敷地面積: 7,744.00㎡
建築面積: 3,114.15㎡
延床面積: 50,003.58㎡
地震対策: 耐震
総戸数 : 413戸
着 工 : 2004年04月01日
竣 工 : 2006年02月中旬
入居開始: 2006年03月下旬

関連記事
オリゾン・マーレ 有明最初のタワーマンション

お台場”桜”の見頃

P1000451
こんにちはズル大佐です。

毎日のニュースで全国各地の桜の開花宣言が伝えられてます。東京も開花宣言がされたので、以前「お台場の桜の見どころ」として書いた場所を見に行って来ました。

お台場全体としてはまだ咲き始めといった感じで、ところどころ2〜3分咲きの場所がありました。
ズル大佐が注目しているセンタープロムナード公園の桜はまったく咲いていませんでした。ここの桜は昨年植樹されたばかりで、これから成長して5年後10年後の花が楽しみです。
P1000471

潮風公園は水と緑のプロムナードと脇の駐車場の桜はところどころ3分咲きでした。
P1000447

有明テニスの森公園は改装された駐車場周辺の桜が咲き始めでした。公園広場の桜は3分咲きくらいです。
P1000477

お台場海浜公園の桜はまちまちですが2分咲き〜3分咲きのものも有りました。
P1000466

P1000463

P1000460

今日のお台場は大勢の観光客が訪れており、お台場海浜公園ではシートを敷いてお花見をしている方がいました。
ズル大佐の感覚ですが、4月1日〜8日くらいがお台場桜の見頃ではないかと思います。

関連記事
お台場”桜の見どころ”をまとめてみました

お台場新大陸

2014-03-28_1854
こんにちはズル大佐です。

今年からフジテレビの夏の恒例イベントが「お台場合衆国」から「お台場新大陸」と名称を変えて開催されることになりました。

「お台場新大陸2014」は7月19日~8月31日に開催されます。

フジテレビの夏イベントは2003年から毎年、同局の番組と連動した「体感」「体験」「参加型」のコンテンツが盛りだくさんの大人気イベントです。
今年は、2020年の東京五輪を見据えた「お台場元年」と位置づけ、競技の中心になるお台場周辺(臨海副都心)を盛り上げるべく開催エリアを大幅に広げ、新たなステージのイベントを目指すそうです。

詳細はまだ発表されていませんが、人気番組を多数抱えるフジテレビならではの、テレビ番組・タレントさん・参加者が三位一体となった楽しいイベントにしてもらいたいですね?

フジテレビの夏イベントは、2003~2008年は「お台場冒険王」、2009~2013年は「お台場合衆国」として開催されました。

お台場冒険王
2003年(44日間) – 約348万人
2004年(51日間) – 約422万人
2005年(47日間) – 約464万人
2006年(48日間) – 約350万人
2007年(51日間) – 約430万人
2008年(44日間) – 約433万人

お台場合衆国
2009年(45日間) – 425万5267人
2010年(46日間) – 408万5213人
2011年(47日間) – 419万6029人
2012年(51日間) – 454万1400人
2013年(51日間) – 487万5199人

来場者の数は夏イベントはもとより、お台場(臨海副都心)の真価をはかるバロメーターとなります。果たして今年は大台の500万人を超えることが出来るでしょうか?