カテゴリー別アーカイブ: 独身王子

ズル大佐 全財産失う!?(T^T)

2016-02-20_1435
こんにちはズル大佐です。

やっちまいました…。
昨晩の事ですが財布を失くしてしまいました。しかも2つも!

昨日仕事を終え18:00頃帰宅したズル大佐は、映画「さらば あぶない刑事」を見るため自家用車に乗ってららぽーと豊洲にあるユナイテッドシネマに向かいました。その際、通勤用のカバンに代えて、小さなクラッチバッグ(トラモンターノ)に財布を2つとスマホを入れて出掛けたのでした。
1つ目のは以前このブログでも紹介した事があるダンディな「エッティンガー」の長財布です。この財布はいつもクラッチバッグの中に入れておりました。
2つ目の財布は普段使っている「グレンロイヤル」の二つ折りです。「エッティンガー」入りのクラッチバッグに普段使っている「グレンロイヤル」を足す形で出掛けてしまったのです。

映画を見終わったのは21:10頃です。(ちなみに「さらば あぶない刑事」を見るのは2回目です)「あぶ刑事」に浸りきったズル大佐は、「あぶ刑事」の舞台である横浜に行きたくなってしまい、近くの有明ランプから首都高速にのって横浜を目指すのでした。これが大きな間違いでした…。とっとと帰っていればこんな事にならなかったのに。このときクラッチバッグは間違いなく在りました。

首都高を南に目的も無く走ってましたが、時間も遅いので首都高速から下に降りずに大黒パーキングで休憩してそのままお台場に帰る事にしました。
大黒パーキングに着いたのが21:40頃、パーキングには金曜の夜という事もあって、走り屋や自慢の愛車を披露しに来た人たちが結構集まってました。場違いな雰囲気だったので早めに立ち去る事にしましたが、ここで記念にスマホで写真を撮ろうと展望デッキに行き写真を撮りました。そしてトイレで用を足し車に戻ります。
クラッチバッグを失くしたのはこのときだと思われます。トイレに行ったのが先か展望台に行ったのが先か記憶が曖昧ですが、展望デッキの塀の上か小便器の上の台に置き忘れたものと思われます。
22:00頃、そんな事も知らずズル大佐はそのままお台場を目指すのでした…。
22:30頃、臨海副都心出口を出てフジテレビの前にあるマックに寄ってコーヒーでも買おうと車を停め、助手席のバッグを取ろうとしたのですが、「ない!」
ここで初めてクラッチバッグが無い事に気付きました。スマホは持ってました。
まさに「あれ?何で?」って感じでアタマ真っ白!シートの下やダッシュボードの中とか探しますがありません。

エッティンガーには、現金10万円と百貨店や洋服屋のポイントカード。
グレンロイヤルには、現金6万円とキャッシュカード、先日届いたばかりのJCB ANA SFC、クイックペイカード、病院の診察券、健康保険証などが入ってました。

大黒パーキングの売店に電話するも届けなし、とりあえずカードを停めなきゃと思いJCBカードに電話、不正利用は無いようでしたが手続きに結構時間がかかるようなので、先に警察に届ける事にしました。警視庁東京湾岸警察署に遺失物届けを出し終わったのが23:30頃で、いったん帰宅し銀行に電話してキャッシュカードを止めてもらいました。銀行口座も不正引き出しはありませんでした。

カードは止めたものの、ここには書けない大切なものを失くして動揺したズル大佐はもう一度大黒パーキングに行ってみる事にしました。トイレや展望デッキの他植え込みやベンチの下など探しましたがやはりありません。警視庁には届け出たのですが失くしたのは横浜なので、大黒パーキングにある交通機動隊の分駐所にも届け出ておきました。高機隊の方は親切に対応して頂き、大黒パーキングを所管する神奈川県警鶴見警察署に転送してくれるそうです。

ここまでやって帰宅したのは翌20日の3:00頃でした…。疲れました。でも寝れません。

とりあえずカード類は止めたのですが、再発行まで2週間もかかるそうです。現金が引き出せず、カードも失くしたズル大佐はどうやって暮らせば良いのでしょうか?
幸い上着の内ポケットのパスケースに通勤定期搭載のJCB ANA PASMOカードがあります。電子マネーは5000円ほど入ってます。また、自宅には以前ブログでも紹介した大峽製鞄の小銭入れがあります。これには小銭の他、万が一の時のため1万円札と千円札を一枚ずつ小さく折って忍ばせていたので、これで凌ぐしかありません。

警察に届け出たものの、ズル大佐が思うに財布が戻ってくる可能性は極めて低いと思います。
親切な方に拾われれば運転免許やカードが入っているので可能性高いと思いますが、現金を抜いた人は残りの財布は見つからないところに捨てるのが常套です。

疲れていた、急いでいたとは言え自分の不注意さ間抜けさ加減にほとほと嫌気がしました。これからはもっと落ち着いて慎重に行動しなければと思います。見つかるのは無理とは思いつつ僅かな希望の光を期待して待ちたいと思います。
さらば あぶない刑事、さらば ボクのダンディな財布達 トホホ(T^T)

関連記事
ダンディなアイテム5 大峽製鞄の小銭入れ
ダンディなアイテム4 エッティンガーの長財布
スーパーフライヤーズカードに切替ました!

ズル大佐 ライダーになる!

2015-10-22_1104
こんにちは、ズル大佐です。

最近、ある事についてネットで調べまくって、熱中するあまりブログの更新もおろそかになってしまいました。
そのズル大佐の最大関心事は「オートバイ」です!

実はズル大佐は20代・30代、オートバイが好きでいろんなオートバイを乗ってきました。
就職して初めて買った「ホンダCBR400Rエアロ」を皮切りに、自動二輪免許の限定解除をして買った「ホンダCB750F」、
さらに「ホンダ モンキーZ50」「カワサキ エリミネーター900」「スズキGSX-R1100」「カワサキZZ-R1100」「スズキGSF1200」と乗り継いできました。一時は3台のバイクを同時に所有するほどでした。
スキャン 3-2顔出し?

40歳のころ最後のオートバイを手放して、しばらく乗らなかったのですが、チョットしたきっかけがありまして再び乗ってみようと思いました。それに今乗らなかったらこのままずっと乗る事はないだろうということ、60歳から乗り始めるのは無理と思ったので勇気を出して購入するに至りました。

しかし、ズル大佐は10年ほどバイクから遠ざかっており、最近のバイク事情には疎くなっていまして、いろいろなバイクを調べてみることからはじめました。
バイクにはいろんなジャンルのバイクがありますが、ズル大佐が好きなのはスポーツバイク、中でもスズキの隼やカワサキのZZ-Rのような300km/hオーバーの最高速を誇るスーパースポーツバイク。それから、オーソドックスなルックスで町中や山道でマルチに使えるネイキッドバイク。そして、ハーレーに代表されるようにゆったりとした乗りごこちのクルーザーバイク(アメリカンとも言います)。

スポーツ、ネイキッド、クルーザーどれも魅力的で乗ってみたいのですが、いろいろ考慮した結果クルーザーバイクを購入する事にしました。脳梗塞の治療中という事もあるし、ズル大佐のこれまでの乗り方を考えると、スポーツやネイキッドを買ってしまうと峠を走りたくなったり、高速でウン百km/h出したりして、事故や交通違反の可能性が高そうです。
クルーザーバイクなら100km/h以上出すと風が強くて乗ってて辛く、峠に行っても速く走れません。クルーザーバイクは陸の王者のごとく直線をドコドコとゆっくり走るのが醍醐味なんですよね。高校生のころ当時のアメリカンバイク「スズキ イントルーダー750」がとってもクールで、こんなバイクで日本中を旅してみたいと思ったものです。

クルーザーバイクはハーレーを始め、国産メーカーも各排気量でラインナップしています。
ハーレーはコストパフォーマンスが悪いうえに高額のパーツでカスタムしないと様にならないし、空冷のVツインエンジンは遠慮したいので却下。唯一GX750という新型水冷エンジンの車種がかっこ良かったのですが、排気量が小さく選考から外しました。
国産のホンダはVT1300、シャドウ750・400、 ヤマハはV-MAX、XV1900、XVS1300、ドラッグスター1100・400、 スズキはイントルーダー400、ブルーバード1800、 カワサキはバルカン1700・900・650です。
ズル大佐は大型自動二輪免許を持っているので選択車種に制限はありませんが、クルーザーバイクは大排気量のエンジンを低回転でドコドコと鼓動を感じながら流すのが醍醐味ですので1000cc以下のバイクは選考外。
ハーレー乗りの一部には、国産のVツインエンジンクルーザーは所詮ハーレーのパクリだろとバカにする人がいるので、あまり積極的に選びたくないし…。ということで、新車に限らず過去の絶版モデルや外車も選択肢に入れて選びました。
今は選んだ車種を明かしませんが、いずれ公開する事があるかもしれません。これから、第二のバイクライフを楽しみたいと思います。

2年ぶりの高尾山登山

2015-10-06_1933
こんにちは、ズル大佐です。

今日は2年ぶりに高尾山に登ってきました。
午前9時半頃に東京テレポート駅を出発し、新宿で京王線に乗り換え、高尾山口駅には午前11時10分頃に到着しました。
IMG_0378
駅に到着して気付いた事は、駅舎が立派で奇麗になっている事!
高尾山口駅の1日平均乗降客数は、2006年度比で40パーセントも増えて1万人以上にも及ぶそうで、増加する登山客・観光客に対応し2007年からミシュラン3星に選定された事にふさわしい建物にリニューアルしました。
調べてみると、サントリー美術館や歌舞伎座などを手掛けた日本を代表する建築家、隈研吾氏がデザインし、東京都指定天然記念物「高尾山のスギ並木」が有名だとして、内外装の仕上げにスギを使用。八王子市運営の観光案内所やキレイなトイレの増設もおこない、訪日外国人のニーズにもできる施設になっているようです。
さらに、まもなく日帰り温浴施設もオープンするようですよ!(10月下旬?)
IMG_0381
IMG_0383
高尾山は紅葉シーズンにはまだ早く、平日という事もあって参道やケーブルカー駅周辺の人出は少なめでした。ズル大佐が登った「稲荷山コース」はさらに人が少なく、ちょうどいい気温もあって登山日和です。以前登ったときよりずっとペースを抑えて険しい道をゆっくりと登ります。
IMG_0389IMG_0388
1時間半ほどで到着した山頂には結構な人がいました。遠足の子供達や中国人の団体もいて賑わってます!
皆さん歩いて登ってきたのでしょうか?やはりケーブルカーやリフトなのでしょうか?
IMG_0391
山頂でおにぎりを食べ、小一時間休憩し下山します。
4号路を下って行くと高尾山唯一の吊り橋が現れます。さらに進むと薬王院の山門から1号路に入ります。
下りは上りと違って道が舗装してあるし、より膝に体重がかかるので歩幅を狭くのんびり下りました。
午後2時半頃には麓に到着、3時頃の京王線急行で帰路につきます。午後5時頃には自宅に到着!
お台場は海の街で山登りには縁遠いかと思われますが、乗り換え1回、1時間半程、料金も片道875円で高尾山に行けるんですよ。

最後に、ズル大佐は今年の1月に脳梗塞を発症し、これまで運動は控えていたので登れるかと不安に感じてました。水分をよく補給し歩くペースを抑え、体調に気を配りながらの登山だったのですが、今回の登山で少し自信が持てました。近いうちにまた挑戦したいと思います。

関連記事